« GM 踊れドクター その2 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く その2 »

*おにい

「鬼い」。訳すと「鬼め」・「鬼だ」などと言っている。

この「い」は「おに」の「に」の長音化によるものなのか、「い」という終助詞となるのかという話し。といってもこうだと言い切れる答えは私では出せないが。

「鬼」に限らず「ケチ」でも「ケチい」となる訳であるが。

例えば「やりー」と伸ばすとその意味は「やったあ」という意味となるが

「やりい」ということであればその意味は遠州弁では「やりな」という事になる。

さてどうなんでしょ。動詞につく場合と名詞につくのとではどう違うのかな?

例文

「十分休んだらあ。さあ食いまいか。」

  (十分休んだだろ?さあ食おうぜ。)

「まだ食うだ?はあいいじゃん。」

  (まだ食うのかよ。もう満足だろ。)

「ばかこいちゃかん。これっぱかじゃ元取れてもしんに。せっかくの食い放題だにい。」

  (冗談いうなよ。これしきのことじゃ元が取れてないだろ。せっかくの食い放題なんだから。)

「儲かるように出来てるだもんで元なんか所詮取れんて。」

  (儲かるように出来てるんだから所詮元なんか取れないよ。)

「馬鹿こいちゃかんて。限界挑戦しんでどうするよを。根性みせろやあ。」

  (馬鹿な事を言うんじゃないよ。限界に挑戦しないでどうするんだ。根性みせろよ。)

「この おにい。」

|
|

« GM 踊れドクター その2 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48249283

この記事へのトラックバック一覧です: *おにい:

« GM 踊れドクター その2 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く その2 »