« 天使のわけまえ その3 | トップページ | 逃亡弁護士 その1(第3話) »

鰯の頭も信心から

あくまで言葉遊びです。冗句です。

*「鰯の頭も信じんから」

意味

何事にも信じようという気持ちがないからそういうはめになるんだぞという苦言。

*「癒しの合間も新人から」

意味

忙しさのピークも過ぎてほっとしてたのにそのほっと感が新人のミスやらでぶち壊しという図。人を育てるのに気を抜いてはならないという教え。

*「愛しの貴方も信じんから」

意味

貴方の事を愛しているけれど全てを委ねる訳じゃないという小悪魔の信念。

*「鰯の頭は新人から」

身(実)のある部分は先輩が、新入りは頭や尻尾をという手柄配分における上下関係を喩えた様。

本当の「鰯の頭も信心から」とは

物の見方が違えば鰯の頭のようなものにでも尊いものに見えてしまうもの。こうはなるなよという教えのような気がする。

|
|

« 天使のわけまえ その3 | トップページ | 逃亡弁護士 その1(第3話) »

4・変形改造ことわざ・慣用句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48882288

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯の頭も信心から:

« 天使のわけまえ その3 | トップページ | 逃亡弁護士 その1(第3話) »