« ハンチョウ・神南署安積班3 その1(第3話) | トップページ | *いんで »

夏の恋は虹色に輝く その1

 いやあ、冒頭の海の画からしてけっこいぞ。こういう画好きだな。映像も愛でられそう。そういえば最近「画が~!」って思って観れてたドラマなかったなあ。久しぶりな感じがする。詩織(竹内さん)が駆けてる後姿の3パターンが印象的だったな。

で、お話しの流れでありますが、おいおいいきなりに大黒柱が折れるんかい。とにかくそれが意外だったな。

初回にして新たな展開ってのは。とりあえず現状を2・3話程描くのかと思ってたんで。それなりのぬるま湯(本人はなにも満足してないだろうけど)を描いて抜け出せない優柔不断な様をきちんと具体的に提示してくるんかいなと。それは違うでしょうにといったツッコミを視聴者にさせておいてから詩織(竹内さん)の取る行動は過激だけど言う事はもっともだと思わせておいてからのぬるま湯から抜け出す為のカンフル剤というなら納得ですけど。もちろん死なないというのがベストでしたけど。

まあ死んだからとてその偉大さゆえに今後の七光りが陰り始めるという筈もないでしょうから金銭的なプレッシャーが与えられたという事が大事なことなんでしょうかね。

ところで番組中に流れるブラジャーのCmがなんか目立ってたけどこのドラマは露骨とまではいかないにしてもターゲットが女性という事に絞られてるのだろうかしらん。だとしたらおっさんがあんましとやかく言う筋合いじゃないのかもしれないけど。

でも一人の役者さんの成長記という側面が充実すれば私みたいなおっさんでも観れる感じがするところでそういう点に注目したいところでありますな。なにせいきなり恋に落ちたと宣言させてるからそこに至るまでの紆余曲折のジクジク感が省略されたって事で明朗快活に観れそうだからたとえ恋のお話しが主題であってもついていけそうだから。

そんなこんなでとにかく私でも楽しめそうな月9という予感がしてます。

|
|

« ハンチョウ・神南署安積班3 その1(第3話) | トップページ | *いんで »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48920364

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の恋は虹色に輝く その1:

« ハンチョウ・神南署安積班3 その1(第3話) | トップページ | *いんで »