« 鰯の頭も信心から | トップページ | ホタルノヒカリ2 その3 »

逃亡弁護士 その1(第3話)

 第3話にして面白いなと感じてきた。もちろんこの回の逆ストーカーのどんどん話がややこしくなって追い詰められていく被害者(木村さん)の苦悩と不気味ですらある追い込む側の加害者(相武さん)との葛藤の様が面白かったというのが第一の理由ではありますが。

よく出来た展開だったなあ。可愛さ余って憎さ百倍の伝言板ゲームみたいに膨れて転がり落ちてく様は。これがリアルだったら悲惨この上ない絶望を抱きますわなあ。

警察は味方にはなってくれないというのが現実だと謳っているんでしょうかね。正義を履行できるのは弁護士であると。本当最近こういう趣向のドラマが多い気がするのは気のせいか。推理ドラマで犯人は警察官というのが。ま、そこまで露骨ではこのドラマはないでしょうが。

|
|

« 鰯の頭も信心から | トップページ | ホタルノヒカリ2 その3 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48929767

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡弁護士 その1(第3話):

« 鰯の頭も信心から | トップページ | ホタルノヒカリ2 その3 »