« リサイクルしても用途が変わらない物は何? | トップページ | *くすがる »

*燃す・燃せる

どちらも辞書に載っている共通語で別に方言ということではないのだろうが。

「燃やせる」を「燃せれる」と言うとかになると方言っぽくなるよなと思って記載。

「燃やす事が出来る」だと「燃やせる」・「燃せる」と共通語ではなるのであろうが遠州弁だと「燃せれれる」・「燃やせれる」と言う事もありうる。というのも

「こんなあわし燃せるであんた別の事しない」

  (こんなのは私が燃やすからあなたは別の事をしなよ)

ここでの使い方は「燃やすことが可能」という意味使いではなく「私がやるから」という意味で使われている。、もちろん

「これならわしでも燃せるであんた別の事しない」

といった「可能」という意味使いも全くしない訳ではない。が遠州弁っぽく言うのなら

「こんなあわしでも燃せれれるだであんたあ別の事しない。」

とかになる。「燃せれる」という言い方でも意味は通る。こういう場合でも「燃せれれる」も「燃せれる」も「燃せれられる」・「燃せられる」の「ら抜き」じゃねえかという事を突っ込まれたりするのかな。

話しが脱線したが遠州弁では「する」を「せる」と言ったりもするので「燃せる」だと「可能」というニュアンスよりも「燃やす」という「実行」というニュアンスに取られるということがあるということ。

|
|

« リサイクルしても用途が変わらない物は何? | トップページ | *くすがる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47380252

この記事へのトラックバック一覧です: *燃す・燃せる:

« リサイクルしても用途が変わらない物は何? | トップページ | *くすがる »