« ホームページを作るぞでも分からんぞ その2 | トップページ | 絶対零度 未解決事件特命捜査 その10 »

*しい(やってくれるしい)

「やってくれるしい」だと「やってくれるじゃないか」・「やってくれたな」・「やってくれるじゃん」とかに訳すことになる。つまり遠州弁としては「随分じゃないか・上等じゃないか」というニュアンスで使われるのであるが

これが共通語だと「やってくれるだろうし」・「やってくれるから」とかいう訳となる。俗に言う舐めた言い草という奴でしょうかね。

もちろん共通語的な「だし」(だろうし)という意味の使い方もするところであるが先の「よな・じゃないか」などという使い方というのは遠州独特なのであろうか。んなわきゃないかあ。でもネットで検索しても探し方が悪いのだろうけど見つからなかった。

「しい」には他にも「心配性」を「心配しい」とかいう使い方の「しい」と「何しいきただ」(何しに来たんだ)という「しに」の変じた「しい」などがあるが、いくらなんでも同じ言葉とは思えないので全くの別物なんだろうな。

「だしい」という使い方はここで説明する「しい」にはないところである。「やってくれるだしい」とかは無いということ。

例文

「よっしゃ今日中に仕上げちゃいまい。」

  (よっしゃあ、今日中に仕上げてしまおうぜ。)

「ゆってくれるしい。意欲は買うがあ わし巻き込まんでよ。」

  (言ってくれるじゃないか。意欲は買うけど俺を巻き込まないで呉れよ。)

「なんでだあ冷たいじゃん。あてにしてるだで頼むにい。」

  (どうしてだよ。冷たいなあ。あてにしてるんだから頼むよ。)

「しらすけえ。今日はちゃっちゃと帰りたいの。」

  (知らないね。今日はとっとと帰りたいんだ。)

「なんで?」

  (どうして?)

「いや、今日はなんかそういう気分の日なの。」

「なんだよそれ。ほんたあ観たいテレビとかあるだらあ。」

  (なんだよそれ。ホントは観たいテレビとかがあるんだろ。)

「あんなあ、そうゆう図星なこんはゆっちゃかんだにい人としてさあ。」

  (あのなあ、そういう本質を突くのは人として言うべきことじゃないぞ。)

|
|

« ホームページを作るぞでも分からんぞ その2 | トップページ | 絶対零度 未解決事件特命捜査 その10 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48609899

この記事へのトラックバック一覧です: *しい(やってくれるしい):

« ホームページを作るぞでも分からんぞ その2 | トップページ | 絶対零度 未解決事件特命捜査 その10 »