« ハガネの女 その5 | トップページ | *おい勘弁しよやあ »

七月はなに観よか

4~6月は途中挫折した作品が多かったので7月はそうならないことを期待したいところではあります。もちろんドラマの質の問題とかではなく嗜好に合わなかったということで自分のはぐれ具合がより増したという表れでもあるのですが。

*「ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ3」

 1も2も観てないけど3はユイカが出るとかなので観ます。

*「夏の恋は虹色に輝く」

 シチュエーションは面白そう。でも色恋沙汰がメインテーマだと私にはあわないかも。燻ってた人間のサクセスストーリーだといいのにな。とりあえず様子見します。

*「ジョーカー 許されざる捜査官」

 役者さんに魅かれるところでありますが、紹介のあらすじを読む限り結末云々よりドラマの世界と常識と現実とのギャップの塩梅によりけりであろうかなと。とりあえず様子見。

*「天使のわけまえ」

 観月さんからはどういう状況に於いても常に掃き溜めに鶴という明るい印象を受けるのでたとえ最悪からのスタートというシチュエーションであっても楽しく観れそうでありますが、好転の具合が快感かどうかでしょうかねえ。とんとん拍子なら快感だろうけど三歩進んで二歩下がる方式じゃ楽しめるかどうか。

*「逃亡弁護士」

 ヒューマンサスペンスと銘打たれている次第で。あまり得意分野ではないのですがとりあえず様子見。

*「ホタルノヒカリ2」

 続編を希望してた者としては嬉しい限りでありまんな。存在そのものが悦なんでストーリーの機微に捉われずまったりと観たいと思っています。

*「GOLD」

 「天海祐希」にハズレなしですから観ます。最強のホームドラマと謳われてありましたが初回観て最終回の結末が想像されるようだとちとしんどいかな。抽象的な言い方過ぎるけどある意味これとこれは一体どう繋がるんだろうとかいう読めない部分も期待したいよなあと。

*「日本人の知らない日本語」

 コミックエッセーは買って読みました。面白かったです。それがドラマ化という事で興味が湧きます。問題は「オチ」の処理の仕方でありましょうや。生徒がボケてちゃんちゃんというパターンをどう扱うのか。

*「もやしもん」

 面白そう。悪党や悪意の存在しないファンタジーであればいいのにな。研究室というシチュエーションなら動物のお医者さん的なほんわかまったり具合を期待してしまいますがどうなんでしょ。

*「うぬぼれ刑事」

 設定は「キミ犯人じゃないよね」っぽくも感じられるけどあれはあれで面白かったからまあいいか。って要さん出演なさるじゃん。

*「熱海の捜査官」

 一番期待のドラマ。三木ワールドは好きなんで無条件で観ますわいな。以前は脱力系と表されていましたが今回はどうなんでしょう。出来れば変わらないで欲しいところではありますが。

*GM~踊れドクター

 謎解きとあったのでちょっと興味が湧くところです。成功例であろうコロンボと古畑の関係みたいな正々堂々なドクター家のパ○リかどうかも興味が湧きます。ダンサーを夢見るお医者さんという場違いを愛でるドタバタコメディだったら微妙ではありますが。

|
|

« ハガネの女 その5 | トップページ | *おい勘弁しよやあ »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48592557

この記事へのトラックバック一覧です: 七月はなに観よか:

« ハガネの女 その5 | トップページ | *おい勘弁しよやあ »