« *そうするとさいにゃ | トップページ | *さ・さっ・さあ »

警視庁失踪人捜査課 その8

 なんか泣けた。若造の報復話しならいざ知らず、それなりに仕事してそれなりに高見に登りつめた中年がこういう周りが見えなくなるくらい純な行動をするというのが新鮮だったかな。それがうそ臭くないところが良かったです。

あれで全て積み上げてきたものが崩れ落ちたのかが気になるところだけれど。それについて(後日談)は描かれておらず妄想を働かせるしかないけれど、やっぱマスコミに祭り上げられてた分それと同様の勢いで叩き潰されそうでもあると思えるので棒に振ったんだろうな築き上げてきたものがと思ってしまいますわな。

でもそれでも行動に悔い無しであろうなと思えるくらいの失踪人でありました。それだけに穏便だったかどうかはともかく無事に救えてよかったなと素直に思えました。

物語の流れは途中の加害者が被害者という逆転騒動が意外で面白くありまして、その後の怒涛の愛し合う二人の物語へと突き進む様が見事でありました。

なんとこれで来週最終回とな。落ち着いて観れるだけにもっと続いて欲しいところだけれど、根拠は無いけれどそのうちパート2とかで観れる気がするというのは気のせいか。

役者力で惹き付けといて予想を覆す結末で突き放すという押して引いてのバランスがいいんですよね。全体の空気感も慌しくなく怒号もハイテンションもない淡々としたところでありながら抑揚がしっかりついていて決して単調ではないし。粛々と進むという言い回しの方がいいのかな。いずれにせよよく出来たドラマだと思うんですよね。

|
|

« *そうするとさいにゃ | トップページ | *さ・さっ・さあ »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48543986

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁失踪人捜査課 その8:

« *そうするとさいにゃ | トップページ | *さ・さっ・さあ »