« *ほいじゃやらすかねえ | トップページ | *どっちゃ »

ハガネの女 その6

 来週最終回なんだって。早いなあ。とても濃密でありながらテンポが駆け足の如く速く。しかしながらそれは駆け足といっても決してはしょられてた訳ではないスピーディさを醸し出しているだけにとてもよく練られた脚本なんだろうな。だから無意味に延長しても間延びするだけなのかもしれないところではあるけれどもっとハガネ(吉瀬さん)を愛でていたいものですわな。

色々問題はあるけれどそれを印籠出して一件落着とならずにそういう色んな想いが交差しつつなおかつ引きずりつつも前に進んで行くという形がリアルだよなあ。瞬間の激痛より終わりのない鈍痛の方が精神を滅入らせるものなだけにその精神力は凄いよなあ。

今回はセリフで含蓄のあるものが多かったな。釣り堀の会話はなるほどと。特にコロンブスの卵みたいな目からうろこ的な内容ではないけれど普段漠然とは理解出来てるけど具体的に言葉にするのが難しいような事を述べられてたところがなるほどと。

悩みや苦しみが溜まってくることの負の連鎖。それを解きほぐす術。そして一旦軽くしたところで溜まってきてまた元に戻ってという輪廻みたいな繰り返し。

詰まった感があるのは、解きほぐす術たる吐き出す先を持っていないか誤った吐き出し口に首を突っ込んでるからとかいうことで停滞してしまうんだろうな多分。そういった終わることのない循環の世界感が言い表せられててそのセリフ聞いて別に解決策を述べてる訳でもないのだけれどなんか勇気というか心のもやもやが一瞬晴れたな。溜めないようにするんじゃなくて上手に吐き出すということが大事という事。う~んなるほど。

他にも趣旨としては、心の傷は一生消えるものではない。それを頑張って背負って生きていくものだ。というもの。

ゲームや亜バターみたいなリセットや変更・成りすましや他人のフリなんぞは人生には存在しない。傷は「業」と言う名に変わって一生それと付き合っていかなくてはならない。つまり当たり前すぎるけど「後戻りは出来ない」。至極正論。でも金さえあればそれを払しょくできると思い込ませることが出来る現実。

なんか原点に戻って「生きる」ってなんだろうというのを考えさせられる感じがしてきます。それはとりもなおさずハガネが子供たちに諭すように伝えようとしている構図だからで。そういう意味では自分の立ち位置目線は生徒の一人となっているのかもしれない。ええ歳こいやおやじなのに。

ハガネの繰り返さないという決意はちょっと切なかったな。

ちょっと思い浮かんだのは、これはハガネが女性故に母親的接し方が出来るからこそで男の教師だったらこうは接することは出来ないんだろうなと。男の先生であったならどう接するドラマになったのかなとふと興味が湧いてしまいました。

ところで最後に教育委員会さん登場。で、辞める辞めないででひと悶着ありそうな雰囲気。どうなっちゃうんでしょうね。予測としては短い間でしたけどお世話になりましたという事は覆らず塩田(要さん)を追って苦難の道を歩みつつも二人で理想の教育現場の構築に勤しむ未来予想図って展開なんじゃないのかなと予想してるんですがいかがでしょうか。それともそれまで敵対してた親が子供に先生を助けてとせがまれ一致団結して教育委員会の意思を覆させて何事もなかったかのように同じこの教壇で騒々しい毎日が続いているとかか。希望としては後者だけど。

|
|

« *ほいじゃやらすかねえ | トップページ | *どっちゃ »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48721733

この記事へのトラックバック一覧です: ハガネの女 その6:

« *ほいじゃやらすかねえ | トップページ | *どっちゃ »