« 土曜プレミアムの刑事ドラマ | トップページ | 「いかれぽんち」に「とんちき」 »

*よを

「よを」を共通語に訳すのは正直むつかしいところである。

遠州弁においては「やあ」=「よを」で「やあ」が男及びおばあさ言葉であることに対して「よを」は男も使うが基本女性言葉であるということである。

「どうかと思うよ」という言葉を例にすると

「どうかと思うやあ」が基本男言葉(女性も使うが)で「どうかと思うよを」が女言葉となる。

名古屋言葉の「ハヤシもあるでよを」・「だからよを」とかいったものとは別種だと思われるのだが男が使う「よを」に関しては名古屋言葉とほぼ同じでありこれがややこしい話しになっているような気がしないでもない。

しかしながらあくまで遠州弁の女言葉の「よを」はそれとは異なるものであることは疑いようがないところである。

遠州弁における「よを」は色んな意味使いで使われるのでこういう意味だと断定が出来ないところであるが幾つか例を挙げていくことにする。もちろん全てを網羅するものではないのであしからず。

「それよりかこっちの方がいいよを」(それよりもこっちの方がいいなあ)

この場合、わあ<よを<にい<でねえ<だ<だあ の順で強めになっていく。

「ほいじゃあわし先いくよを」(それじゃあ私が先に行くからね)

この場合、でえ<よを<わあ<わ<にい<に

「そうしんとかんだよを。当然じゃん」(そうしないといけないでしょう。当然でしょ?)

この場合、だらあ<だよを<だにい<じゃん<てえ<だでねえ

|
|

« 土曜プレミアムの刑事ドラマ | トップページ | 「いかれぽんち」に「とんちき」 »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47904840

この記事へのトラックバック一覧です: *よを:

« 土曜プレミアムの刑事ドラマ | トップページ | 「いかれぽんち」に「とんちき」 »