« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 その5 | トップページ | *遠州弁で日記風ヲタ »

ちょー

「ちょっと」と言っている。「超」とか言ってる訳ではない。

「ちょ」を長音化したものか?その効能は呼びかけの強調ということか。でも「ちょ」という言い方は普通しないので説得力に欠けるところではある。

逆に「ちょっと」の短縮されたものという勘繰りもできなくはない。まあどこをどうはしょれば「ちょっと」が「ちょー」になるのかは説明できないが。

「ちょーちょー」と連呼する事も多い。男女共用。

「ちょっくらちょっと」(ちょっとやそっとのこと・ほんのちょっと)というのを「ちょっくらちょー」と言う次第で、「ちょー」という使い方は遠州に限ったことではないのであるが以下の使い方には地域性があろうか。

「ちょー。ちょー、こっち寄って来たでえ。危ないにい。」

  (おい。おっと、こっちに寄ってきたぜ。危ないぞう。)

「ちょー。何やってるよをあんた。」

  (ちょっとあんた何してるの。)

普通はこういう状況では「ちょっと」以外だと「ちょい」とか言うのであろうかな。遠州弁ではそれが「ちょー」と言われているということである。訳としては「もう」・「あ~」・「おい」など状況によって変える方が分かりやすく必ずしも「ちょっと」だと限定しない方が訳しやすい。

今回例文は恐縮ながら動画を使わして貰った。

この動画では「ちょー」の他にも「おい」・「やあ」・「ちょい」の状況での使い分けが表わされていて参考になる。

緊急性が最も高い場合は「やい」もしくは「やあ」>「ちょー」>「ちょい」といった感じか。「ちょー」と「ちょい」の使い分けは急いてる時と余裕が出来た時に使い分けているようにもとれる。「やあ」は相手に指示する勢いが強い。

「超危ない」と聞こえるが「ちょー危ない」(うわぁおい、危ないな)と言っている筈である。ただし一度だけ「超」の表現を使ってると思われるのでそれと比較するというのもまた一献かもしれない。

|
|

« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 その5 | トップページ | *遠州弁で日記風ヲタ »

0-1・耳で聞く遠州弁」カテゴリの記事

1-2・遠州弁ち行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48275177

この記事へのトラックバック一覧です: ちょー:

« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 その5 | トップページ | *遠州弁で日記風ヲタ »