« *よを | トップページ | 新参者 その7 »

「いかれぽんち」に「とんちき」

「イカレポンチ」に「頓痴気」(とんちき)。どちらも人を小馬鹿にする言い回しであるのだが。最近は聞く事がなくなったよなあと。

「頓知気」の方はネットの辞書にも載ってる共通語だが「イカレポンチ」は関西の言葉らしいとネットにある。語源は知らないが「フルーツポンチ」と掛かっていたのかしらん。

ということでネットで細かく知りたいがために再度検索してみると「ポンチ」の語源は関西方言の「ぼんち」で「坊ちゃん」の転と書かれてあったので「いかれた坊ちゃん」という事だが、「フルーツポンチ」と被る気がするのは自分が関西人じゃないからだろうか。

「イカレポンチ」はガキの頃よく使ってたし耳にもしたけど「とんちき」は使った記憶は無く江戸の落語とか時代劇の中くらいでしか耳にしなかったくらいだから時代的には昭和の言葉とそれよりももっと古い言葉ということなのだろうか。

そんなこんなで使い方としては「とんちき」については使いどころが分からない。

夢想するに「やいやいやい、このとんちきめ」とかであろうか。「うすらとんかち」と一緒なんだろうかしらん。

「イカレポンチ」の方は「狂ってる」みたいなもので

「あいつはイカレポンチだから言ってもしょうがない。」とかいう使い方をしてたかな。どちらも多少なりとも愛嬌を感じたりもするところであり殺伐とした今こそこういう言い方が必要とも思えるのだが新しく生まれようにも狂い方が洒落にならないくらい荒んでるから生まれようがないのかな。

|
|

« *よを | トップページ | 新参者 その7 »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48485855

この記事へのトラックバック一覧です: 「いかれぽんち」に「とんちき」:

« *よを | トップページ | 新参者 その7 »