« 警視庁失踪人捜査課 その5 | トップページ | ホームページ作るぞえ »

*せるろう

「するだろう」と言っている。普通は「やるだら」・「せるらあ」等を使うので「せるろう」の使い手は多くはない。昔の仮名遣いだと「せるらう」になるんだろうか。もしそうだとすると「らあ」は「らう」の変化とも勘繰れなくもないところである。根拠は当然ない。

「せるだろう」の「だ」抜きと考えるか

最近土佐の言葉を駆使するドラマが話題であるが、土佐弁でもこういう使い方をしているみたいなので全国的に使われていた古い日本語の生き残りなのだろうか。ただし土佐藩の上士と呼ばれる人は三河・遠州から移住してきた衆ららしいので遠州弁がうつったという勘繰りもできなくはないところではある。もちろんこれも根拠の無いただの妄想である。

これの疑問形は語尾を上げて「せるろ?」と言うか「せるう」とかになる。

例文

「そういやああいつにゆっとくの忘れちってえ。」

  (そういえばあいつに伝えとくの忘れてたよ。)

「なにをよ。」

  (なにをだい?)

「帰り最後に多分なるだで出てく時鍵かってってくれって。」

  (多分あいつが最後に帰る事になるから出る時施錠してってねって。)

「そんくらい気づくこんだでせるろう。」

  (それくらいは気づくだろうだからするだろう。)

「結構ボケかますでなあ。心配だでいちおお確認入れとかすかなあ。」

  (結構抜けたことするからなあ。心配だから一応確認入れておこうかな。)

「心配性だなあやあ。泥棒入ったって盗られるもんなんかありもしん。」

  (心配性だねえ。泥棒が入ったところで盗られるようなものなんかないじゃないか。)

「随分な事ゆってくれるじゃんか。」

|
|

« 警視庁失踪人捜査課 その5 | トップページ | ホームページ作るぞえ »

1-2・遠州弁せ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48152432

この記事へのトラックバック一覧です: *せるろう:

« 警視庁失踪人捜査課 その5 | トップページ | ホームページ作るぞえ »