« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 その7 | トップページ | *だ? »

*ひづるしい

「眩しい」と言っている。

「ひ」は「陽」又は「日」であろうからあくまで日差しに対して使うものであろう。

どの程度の眩しい事を指すのか、目が眩むのか目に刺さるのかなどについては、段階を表わすみたいな他の表現が思い浮かばないので眩しいと感じればとにかく「ひづるしい」という事なのであろう。

私は性格も悪いが目も悪いのでとにかく晴天で外に出れば目を細めなければ居られないので「ひづるしい」の連発である。個人差が大きいんだろうな。だから基準が決められないから眩しければとにかく「ひづるしい」んだろうかな。

書き方として「ひずるしい」か「ひづるしい」のどちらが正しいのかという事については全く定かではないが「ずる」という語呂がどうもなので「ひづるしい」を選択した。「日出処」とかだと「ひいづるところ」で「ず」ではなく「づ」だし。なんとなくね。

静岡県ほぼ全域と三河で使われてる言い回しらしく、モロ遠州弁ということではないらしい。

例文

「おお。真っ暗じゃん。はあ夜けえ。どんばえ~なあやあ。あっちゅう間だったなあやあ。」

「確かに。映画館入る前はひづるしいくらいだったでの。」

「やっぱあれだな。面白い映画観ると時間忘れれるもんで、外出てこう暗いとなんかさあ、現実に戻ったって感じするの。」

「別世界に行ってたみたいってか。」

|
|

« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 その7 | トップページ | *だ? »

1-2・遠州弁ひ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48374887

この記事へのトラックバック一覧です: *ひづるしい:

« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 その7 | トップページ | *だ? »