« 警視庁失踪人捜査課 その4 | トップページ | 警部補 矢部謙三 その5 »

*しゃあ

別にアムロがかく叫んでいるという訳ではない。

「しゃあ」の使い方は色々ありそれを書いておこうかと。これ以外にもあるかもしれないがいまのところ気づいたものを。

「やらしゃあせんよ」(やらせはしないよ)

「貸しゃあせんよ」(貸しはしないよ)

とかいう「しゃあ」。「~せは」・「しは」と訳せばいいのであろうか。

こういう使い方以外に

「やらしゃあ」(やらせよ)「やらしゃ」(やらせ)

「かしゃあ」(かせよ)「かしゃ」(かせ)

といった「~(さ)せよ」という使い方もする。したがってその訳も必ずしも「~せは」となる訳ではない。

ほかの言い回しとしては「しょ・しょう」というものがあるが

「やらしょう・やらしょ」(やらせてよ・やらせて)

「かしょう・かしょ」(かしなよ・かしな)

といった相手の同意を得る(伺いを立てる)みたいな勢いが「しょう・しょ」にはあるが「しゃあ・しゃ」は命令的な勢いなのでニュアンスは異なる。

「しゃあ」は辞書に載っていないのであるがネットで調べると大阪弁で「せば」と訳されており「やらしゃあええねん」(やらせばいいんだ)とかいう風に使われるそうな。遠州弁でもこういう意味合いの使い方はするところであるが「せば」と訳すよりも「せれば」という感じの違いはある。

「やらしゃあええだあ」(やらせればいいんだ)

尚、こういう使い方の場合「さしゃあ」と「さ」が入ることもあり

「やらさしゃあええだあ」

といった場合もある。

ところで「せば」という使い方は無いのかというと

「やらしゃあやらいたでしっちゃかめっちゃかになるだけだし」(やらせばやらせたで滅茶苦茶になるだけだし)

といった使い方であれば「せば」という訳になる。

整理すると遠州弁における「しゃ・しゃあ」の訳はいまのところ

「~(さ)せよ」・「~せは・しは」・「~せれば」・「~せば」

というのが思い浮かんでいる。他にもまだあるんだろうか。

もちろん「おんしゃあ」(お主は)の「しゃあ」は別物であるのでここには含まれない。

|
|

« 警視庁失踪人捜査課 その4 | トップページ | 警部補 矢部謙三 その5 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47989654

この記事へのトラックバック一覧です: *しゃあ:

« 警視庁失踪人捜査課 その4 | トップページ | 警部補 矢部謙三 その5 »