« *はいぼ | トップページ | 警部補 矢部謙三 その6 »

*遠州では使われない言葉 「ちん」

ちん (副詞)-と 落ち着いてすましている様子。「-とすわる」

とある言葉を捜していたら見つけたという昭和に発行された辞書に載っていた言葉。

「ちんとすわる」なんて聞いた事もない。

ネットの辞書にもない言葉。ネットで検索すると方言としてヒットする言葉。

でもしつこくネットで探して見たら「ちんと」でネットの辞書に載っているよと。で、「ちんと」で調べるとあった。意味も「ちん」と同じであった。

もしこれが全国的に使われている言葉で遠州だけが使っていないとしたらある意味「逆方言」といえなくもないところであろうな。表現が変だけど。

じゃあこういう様子を遠州弁ではなんと言うかというと、どういう状況で落ち着いているというのかが「ちん」なのか良く理解できないところであるが「ちんと座る」をよからぬ方向なら「知いらん顔して座る」・「いけしゃあしゃあと座る」とかで、いい方だと「普通にして座る」・「気にもしんと座る」・「ででんと座る」とかか?あまり適切なのが思い浮かばないな。

とにかく遠州でこう言われても全くもって「ピン」とこない言い回しである。「きちんと」・「ちゃんと」とかの言い間違えじゃないのかとさえ思うかもしれない。これほど全く聞いたことも無い言葉というのも珍しいよなあ。

でも「ちんぷりかある」(すねる)の「ちん」と同じだとしたら全くない訳じゃあないか。全然意味は繋がらないけど。

|
|

« *はいぼ | トップページ | 警部補 矢部謙三 その6 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48029119

この記事へのトラックバック一覧です: *遠州では使われない言葉 「ちん」:

« *はいぼ | トップページ | 警部補 矢部謙三 その6 »