« *だ? | トップページ | *遠州では使われない言葉 「まう」 »

警視庁失踪人捜査課 その6

 才能豊かな原石が、世に出ること無くあたら若い身空で天に召すというのは切ない限りでありんしたなあ。今回初めて救出出来なかったのかしらん。

悪党を成敗致すが本業ではないにしても、襟首掴んで「お前が殺したんだよ。」と捨て台詞吐きて溜飲を下げんではさも下がり難し。いと勿体無いお話しでありんした。

つくづく男を見る目がない女性は損をするという教訓めいたお話しでありましたでしょうか。男はどんな悪妻娶ってもここまで可哀想にはならないですから。美人局とかですら後ろに男の存在ありきですからねえ。

それはやはり子供を産むという家族を作ることが男には出来ないからに他ならないからでしょうかね。

|
|

« *だ? | トップページ | *遠州では使われない言葉 「まう」 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48420305

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁失踪人捜査課 その6:

« *だ? | トップページ | *遠州では使われない言葉 「まう」 »