« *ない | トップページ | *おかしわ »

新参者 その5

 容疑者というか登場する人物達の無実を毎回解き明かしていってもう殆ど容疑者が残っていないという状況でありまして。これは遠大な消去法という推理方法なんでせうか。まあ毎回なにがしかの捜査対象者が現れては消えで容疑者が始めに一同に介したなんて事はなかったですが。

でも、これでポンと犯人が最終回間際に前フリもなく参上仕るなんてオチだったらそれまでのは一体なんだったんだ?という疑問が沸いちゃったりなんかして。熱くはないから湧いちゃうの方か。むしろ冷める方だんもんな。ま。、そうはいってもなんで殺されにゃならんかったのかという疑問は益々深まる勢いですな。そう思わせる善い人ぶりに思えてきました。

とりあえず被害者の行動が着実に明白になってきてはいて進展はしてるんでしょうかねえ。今回は嗚呼誤解というちと切ないものでありましたが。生きていたなら「あらやあだ」で済む話しかもしれませんが死んだとなるとこれは重いよなあ。

これで親子の断絶と男女の不和が解消されたということでありましょうから片方は遅きに失した和解でしたが後の方の和解は若いから未来があるんでしょうかね。

とにかくさっぱり動機とか犯人そのものが分からない(提示されない)まま下町人情物語として五話までが終わった次第で。さすがにこのパターンはもうこの辺にしておいてもらって下町刃傷物語の方を進めて欲しい気分であります。

あと、そろそろ鯛焼き買って欲しいよな。今回は苦肉に思える理由でありました。でもそれで勘違いの元を発見できたわけですが。鯛焼き買うに並ぶ時に進展があるのなら並ぶのを一日一回じゃなく朝昼晩とかで増やせば事件の解決も早まるんじゃないのかと。

|
|

« *ない | トップページ | *おかしわ »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48379721

この記事へのトラックバック一覧です: 新参者 その5:

« *ない | トップページ | *おかしわ »