« *あんだ | トップページ | *こどんでる その2 »

絶対零度 未解決事件特命捜査 その5

 福田麻由子さんが出とらした。随分と久方振りな印象を受けるが気のせいか。相変わらず業を背負うというか幸薄い役のようで。

展開としてはあんたが犯人という方向性を限りなく示してるけど、希望としては「違う」と思って観たいところですな。最後笑顔になればいいのにな。って次週に続くってか。それにしても大きゅうなられて。

あくまで真実を白日の下に晒す為の懸命な行動ということで、動物殺しの罪には問いたくない感じです。しょっぱなの犯行現場のシーンでは金網に血が付いてたけど赤い髪飾りの人が握り締めてる包丁には血が滴っていなかったから時既に遅しで犯人は立ち去った後という感じがしました。なんらかの理由で阻止しようとでもしたんでしょうかねえ。と思ったもので。でも何かの間違いでも塚本(宮迫さん)に傷を負わせてしまったのだから無実の孤高な私立探偵という訳にはいかなくなってしまった事は確かでしょうが。それにしても人を寄せ付けない壁とそれに付随する悲哀を表現させたら相変わらず見事だよなあ。

見せ方から憶測するに、すげえ大雑把な直感で根拠なぞないけれど犯人はなんちゃら動物推奨会の職員なんじゃないのかなと。動物殺しはそう踏んでるんですが人殺しの一件は皆目見当がつきませんわ。どう繋げてくるんでしょうかねえ。今回は珍しく塚本がヤル気出してましたなあ。

で、先にも書いたけど珍しく次週に解決持越しという展開でありました。来週まで待つというのは長いな。それにしても福田さん少女役という制約から放たれて役の幅が広がって愉しみだな。個人的には不幸とは対極の能天気な役柄とかいうのを観てみたい。

|
|

« *あんだ | トップページ | *こどんでる その2 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48336365

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対零度 未解決事件特命捜査 その5:

« *あんだ | トップページ | *こどんでる その2 »