« *遠州では使われない言葉 「まう」 | トップページ | *遠州では使われない言葉 「でら・でえらあ」 »

ハガネの女 その1

 凄い愉しみとしてた矢部謙三があっちゅう間に終わってしまって意気消沈これしきりでありましたが、次に控えしこの「ハガネの女」。いやさなかなかに面白かろうて。

キャラがいいですな。怒ると叱るの違いが理解できて。しかもめげない逞しさが感じられて。任せられる信頼感があっていいですわ。何に突き動かされてかく行動しているのかの根源が分かればよりいいところなんですがそれをしれっと表示してしまうと存外興ざめになるやもしれぬとて。とりあえずはそこまで一気に求めない方が楽しめるのかもしれない。

私なんかあれですよ。見事なまでの子供の残虐性に感じ入ってぶち切れそうになって観てましたけど、そうじゃないんですね「叱る」という事は。一言一句に説得力ありましたなあ。教師の顔の時は。

動物殺しって。こないだ絶対零度で犯人捕まったばっかなのに。もう出所してきて悪さを繰り返してるのかな。なんちゃって。結構謎も存在していたし、なにより「いじめ」の真実には意外を通り越しておお!と感嘆してしまいました。いい奴じゃねえか誤解してたぞと。

子供達だけの世界と大人との接点の世界は別世界であり、子供達だけの世界が捻じ曲がって破綻してるのか大人の干渉が破綻を導いているのか。何人も先生が変わる謎解きの要素もあり親も腹に一物持ってそうな勢いもあり。誰がいいとか悪いとかなのか悪が存在するわけではなくただ複雑にこんがらがってしまっただけなのか。諸々分からんですなあ。甘ちゃんとしては今が最悪でこれから昇るぞという展開なら嬉しいんですけど。

よく出来てますこの物語の展開は。何気に推理ドラマ観てるような雰囲気にも感じられかつ子供は難しいお年頃ということの具現がよく描かれてるし。単なる先生頑張る奮闘記というものではなさそうです。

矢部謙三が終わってしまったのは相変わらず残念ですけど、これはこれで愉しめそう。っていうかなんでこの時間帯なんだろう。もっと早くでいいんじゃないのかなと。なんか21時や22時じゃ扱えない物語とかにでもなるのかな?と勘繰ってしまいそうですけど。嗚呼無情な現実残酷物語だったらリタイアしますけど少なくとも初回観た限りじゃそういう感じではなさそうで私みたいな甘ちゃんでもついていけそうではあります。

|
|

« *遠州では使われない言葉 「まう」 | トップページ | *遠州では使われない言葉 「でら・でえらあ」 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48421654

この記事へのトラックバック一覧です: ハガネの女 その1:

« *遠州では使われない言葉 「まう」 | トップページ | *遠州では使われない言葉 「でら・でえらあ」 »