« *ないぃ | トップページ | ヤッターマン »

警部補 矢部謙三 その3

 あ~笑えた。ドラマ観てこんな笑えたの随分久し振りだなあ。クスリ笑いとかはあるけど憚ることなく笑い声出たの何時以来だろ。そうだトリック以来だ。ってこれそうじゃん。

なんて独りつっこみしてしまうくらいな勢いの第3話でありました。謎解きというかクイズというか頭使うとこもあってと笑いあり推理ありとていとをかし。原幹恵さんのコスプレも売りのひとつなんでしょうかね。メイド姿が可愛かったなあ。「トリック」と「矢部謙三」は異なる世界感だという意識はあるけれどやっぱつかず離れずで近づいたりすると嬉しくなってしまう。まあ離れてもよし近寄ってもよしという幅の広さがあるという事で納得しよう。なんでもありだと。

今回はまあ見事にトリックネタのオンパレードでありましたなあ。我眉村でしょ壷八でしょスリットスリットビルでしょ着信音は数え唄でしょ。極め付けは展示品の数々。これでもかという物量作戦は見直しがいがありまんな。こりゃ気づかなかったけどまだじっくり見直せばもっとボロボロ出てくるのかしらん。

強硬突入の描き方も音だけでその無茶しよる具合が想像されて面白かった。

ネジ式君出とらしたなあ又。継続は力なりってか。

たまたま連鎖も笑えたなあ緊張感がなくて。

「たまたま殺虫剤の研究をしていたらたまたま神経ガスが出来てしまってそれがたまたま襲われた。」

ってこれのどこがたまたまなんだよと突っ込んでしまいましたわあまりの能天気な空気に。でもたまたまつけると確かに緊張感は削がれるもんだなあ。

後、ドラマ上では受けなかった事になってましたがアキバでのショートコントは私笑い止りませんでしたわ。あの涙ながらの敬礼姿が最高でおました。

さりげなく失踪人捜査課の話しをして援護射撃する辺りも遊び心として受けるところでした。なんでもネタにする貪欲さが堪りませんわ。

コマーシャルも山田奈緒子のチキンラーメン参入で益々増殖してきてその悪乗り振りがまた愉しい。映画の宣伝Cmもあり~のキリンもあり~のということでそのうちまるっとするっとみなきしトリックネタのCmで埋め尽くされる日も近いんじゃないかと思う次第。

今回は知恵袋のお二人は警護の方に回って別行動で支持するって展開でありましたがこういう形の方が見やすいかな。桂美晴(しほりん)と桜木(鈴木さん)は山田奈緒子と上田次郎の代用ではないのであるからしてこういった別のアプローチというのがいいような気がします。

大村課長(魁さん)は相変わらずいい味出てるなあ。緊迫感がかき消されるかのような空気感が堪りませんわ。

ゲストも芦名さん投入して凄いな気合い入ってるな。芦名さんがコメディやるのなんて観た記憶がないんですけど。これって貴重なのかしらん。

でも今回はなにより矢部謙三(生瀬さん)の限りなくいい加減なキャラが全開でいいなあ。ビルの屋上でのなんでもう一人いるんだ?という事のいい訳が特に印象が残りました。なんのひるむ間もなく誰も考え付かないようなあんな突拍子もない言い訳を立て板に水の勢いでかますのは凄い。さすが矢部謙三だ。

|
|

« *ないぃ | トップページ | ヤッターマン »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48164121

この記事へのトラックバック一覧です: 警部補 矢部謙三 その3:

« *ないぃ | トップページ | ヤッターマン »