« *やあーっと その2 | トップページ | *なまじっか »

警部補 矢部謙三 その1の2

旅館といえば水上荘。それを多少なりとも彷彿とさせるシチュエーションににまにましてしまいますな。それにしても銭湯といいロケーションはトリックワールドだよな。

筆で書いた張り紙。目指せシーズンⅡとかあるかなと思ったけどそれはなかった。

領収書の「上様」をどこをどういじれば「警視庁」に化けるんだろう。凄い「トリック」ではある。

旅館のスイートポテトの間のオートロックシステムが懐かしい。床の間に飾られていた掛け軸は落ち武者様の血の涙を流すというあの掛け軸に似てる。受付には「植留花無」の板の表装が。告知板にある「珈琲」の文字がやけに気になるけどあれはなんぞな。

ここまで突き詰めるのなら山梨までロケ行って水上荘再びっていう流れにしてくれたら感激だったのに。旅館の主は逮捕され務所暮らししてるだろうから新たな経営者として女将が潤沢な資金で買い取って入ったてなんてシチュエーションでもいいじゃんないかと。

効果音はいつものトリックもどきで懐からしい。24もどきの時間の経過の音のオチも繰り返してナンボという勢いでボディーブローのように笑えてくる。

それにしてもどこをどう整形を繰り返せば矢部に及ばずとも遠からんイケメンになれるんだろうか。物凄いトリックだ。

なんてまた余計な小ネタばかりに気がいってしまう次第でありますが。

事件の展開ということになると、赤切れ白切れ爆弾から想像される威力と偉いさんが逃げ出すくらいの威力とがどうにも結びつかないのは何故なんだろう。で、なんだかんだあっても結局終わってみれば一番最初の「犯人は女将だ」といった矢部の直感が当たっていたっていう寸法は快ではありましたな。

「ほれみいわしのゆうた通りやろ」と言う矢部が思い浮かびます。そういうシーンがないところは奥ゆかしさということなのでしょうか。

ロケ地巡りじゃないけど以前の場所で別の事件が展開されるというのを観てみたいな。「なんやまたこの場所かいな」とかいいながら「そういやあこんなことあったよなあ」とか以前とリンクしながらその時の事件解決の糸口をぱくったりなんかして事件解決に導くとか。勝手な妄想ですけど。

|
|

« *やあーっと その2 | トップページ | *なまじっか »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48042882

この記事へのトラックバック一覧です: 警部補 矢部謙三 その1の2:

« *やあーっと その2 | トップページ | *なまじっか »