« *浜松の春はかまびすしい | トップページ | *じゃあじゃあ »

新参者 その1

 始まる前の予測としてはこのドラマ、期待度よりも疑心度の方が上回っていたけど。

その危惧はゲスト(おそらく)の登場人物衆の活気で掻き消されて非常に面白かったと感じ入りました。杏さんの江戸前気風がよかったな。それを受けて立つ市原さんもやっぱ凄くて。香川さんクラスともなればそれはもう当然として。ホント人情劇としても成立するいい話しでありました。

でもホント途中まではどうみても香川さん犯人にしか見えないよなあと思って観てまして、あれ?これって一事件一話完結だったっけ?勘違いしてたのかなあとマジで思っちゃいました。見せ方というか展開の流れに見事騙されたというべきなんでしょうかね。

或る意味秀逸過ぎてなだけに今週は特別で来週はトーンダウンか?と思ったかというと、阿部さん演ずる主人公が魅力的でそうはならないで来週は来週でこれまた愉しみという感じがしてきました。

ホントこの人の前では下手な事言えないといった鋭さがとても鋭利で。そして笑い方がどことなく人を喰ったようななに考えてるのかこちらからは読みづらいという謎を抱えてるのでは思わせる得体の知れない人物像でありまして。

名探偵の要素を兼ね備えている不気味な人物とでも評せる主人公ですな。惹き付けられます。観るのが愉しみです。

ちなみに始まる前の疑心とは、この錚々たる役者さんの面子から察するにコメディになろう筈もなく迫力あれどドヨヨンと重苦しい展開のドラマになるのかなと思えていたのでそういうのはちょっとなあと。

でもそれは加賀恭一郎(阿部さん)と松宮(溝端さん)というキャラで予想してた空気感を変えてくれそうなので杞憂で済みそうです。

で、ちょっと外れた感想ですが、杏さんvs市原さんってどうなんだろう?と思っていたらまあ見事な丁々発止でありましたなあ。お父さんが控えめなだけに余計にそう映ったのかもしれませんが。それにしても杏さん役者さんとしての存在感と迫力を持っていなさるようで。でもモデルさんなだけにあの細さは如何ともし難しや。モデルと役者の掛け持ちをいつまでされるんでしょ。無責任な要望と叱られるでしょうけどドラマや映画しか興味ない者としては役者さん一本に絞って普通の体型となりて欲しい気がするのですがね。

|
|

« *浜松の春はかまびすしい | トップページ | *じゃあじゃあ »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48122806

この記事へのトラックバック一覧です: 新参者 その1:

« *浜松の春はかまびすしい | トップページ | *じゃあじゃあ »