« 曲げられない女 その9 | トップページ | 不毛地帯 その19 »

*あぶらむし

「ごきぶり」の事。ほぼ死語。男女共用。最近は言わなくなったが遠州でも以前こう言っていたという事で記載。

例文

「うちんとこの猫。どっかからあぶらむしやら鼠やら捕まえてきちゃあ口んくわえて見せえくるだよ。」

  (うちの猫どこかからゴキブリや鼠を捕まえてきては口にくわえて見せにくるんだ。)

「そりゃああれじゃないの?仕事ちゃんとやってるっつって見せえくるだらあ。」

  (それはきっと仕事ちゃんと励んでるって報告しに来てるんじゃないの?)

「そんなこんしんでもいいっちゅうにねえ。」

  (そんな事しなくてもいいっていうのにねえ。)

「無駄飯じゃないでねえって事言いたいだにい多分。」

  (多分ただ飯ぐらいじゃないって事言いたいんだよ。)

「そりゃいいだん見せた後外持ってってくれりゃあいいだに、こっちがそれ片さんとかんだにい。ホント懲りちゃうだでねえ。」

  (それはいいんだけど見せてから自分で外に持ってってくれればいいのにこっちがそれを片付けないといけないんだから堪らないんだからね。)

「あんたあぶらむし駄目だもんねえ。」

  (あんたゴキブリ苦手だものね。)

 農業や園芸における害虫のあぶらむしを言うのが本筋であろうが、理由は正確には知らないがとにかくごきぶりのことをあぶらむしと呼んでいた。ただ見た通り脂でギトギトしてそうなテカテカな茶褐色してるから油にまみれてそうな感じはするから謂れは想像はできる。

まあ全国的な言い回しで遠州独特という訳でもなかろうが、昔はそう呼んでいたという事で記載。今はもう死語と化していて使い手は稀少。

実は小さい頃恥ずかしながら「あぶらとり紙」って「はえとり紙」みたいなもんでゴキブリ捕まえるものだと勘違いしてた。そう勘違いするくらい「あぶらむし」という言い方は普通に使われていた記憶がある。

|
|

« 曲げられない女 その9 | トップページ | 不毛地帯 その19 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47657240

この記事へのトラックバック一覧です: *あぶらむし:

« 曲げられない女 その9 | トップページ | 不毛地帯 その19 »