« *みかん箱くらいの | トップページ | 曲げられない女 その10 »

どいいらあ

「凄くいいでしょう」と言っている同意を求めてる感じ。「凄くいいですよ」と紹介(お勧め)するような場合には「どいいにい」。

遠州人からしたらごくごく普通の「ど」(度)→「凄く」+「いい」+「らあ」→「でしょう」と訳せば済む話しだろうにと思えるのだが。他地域の人達からしたら連続技を掛けられてるようでついてこれないらしい。

正直これくらいでついてこれないのであれば

「ほれえ これみてみいにい どいいらあ そう思わんけえ」

とかになったらちんぷんかんぷんになってしまうのかな。

長澤まさみ氏が2010年3月14日自身が担当するラジオ番組にて、ゲストで来られた鈴木砂羽氏とお二人で遠州弁でだあだあでぶんぶんにしゃべくり捲くったそうな。そこで相当に「どいいらあ」を連呼されてたとな。どっちがかは知らねど。お互いに相当盛り上がったらしいとな。

残念ながら電波が浜松には届いては来ないので視聴すること能わずの有様にて いと残念無念至極。

ま、それはいいとして視聴した方のブログとかから憶測するに大方は好評のよう(馬鹿笑えた)に思われた。突き抜ければなんでも評価されるもんなんかなと思えたりもなんかして。女性の方言は基本可愛く聞こえるものだしなや。

言葉そのものは聞き取れないようなものであってもその空気感が伝わってきてよかったらしい。「遠州これにあり」と鈴木砂羽氏は見事「やらまいか大使」の役目を果たされたということであろうか。

そうした感想の中で「どいいらあ」って何?という感想を読んだ次第で。

いやあ「どいいらあ」が判らないというのはホント意外だなあ。遠州弁を紹介説明してく上でこれくらいなら理解してもらえてるだろうと思っていたものより遥かにちんぷんかんぷんの壁は厚いようである。

でもまああれだあな教訓として「突き抜けたもん勝ち」ということを教わったということで今のままで行くしかないなこりゃ。

それにしても「長澤まさみ」で検索すると名前を利用(記載)してアクセス数稼ごうとする輩とか根拠もない下衆なネタを垂れ流ししてるようなブログとかがなんと多いことか。いやはや全うな感想を述べられているブログに辿り着くのに往生しました。負の有名税というのはこういう事なのかと改めて「たかる」という事の現実を知るみたいでいやらしい限りだと思えました。

|
|

« *みかん箱くらいの | トップページ | 曲げられない女 その10 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47835487

この記事へのトラックバック一覧です: どいいらあ:

« *みかん箱くらいの | トップページ | 曲げられない女 その10 »