« *ちょびちょび | トップページ | *あぶらむし »

曲げられない女 その9

 やっぱり最終回は来週だったんですなあ。先週の予告の仕方だと一週(今週)お休みで来週最終回の全9話かと勘違いし損なったんですけど。出来得るならばああいう告知は紛らわしいのでご遠慮願いたいところです。

で、流れとしてはそれぞれがそれなりに未来が見えてきてこの回で終わっても別に不思議じゃないくらいに思えたりもしました。自分の本当にやりたいものを見つける事がたとえしんどくてもそれが幸せへの道と謳っているようで確かにそうだよなあと。

璃子(永作さん)がこの回最も劇的な有様でありまして、まさかこういう事になるとは予想だにしませんでした。このお人はホントお強い限りです。かような奥さん貰えたらさぞかし安心だろうなと思えてきます。苦しい時こそ笑顔をというのは言うは易く行うは難しですからねえ。でも夫も子供も手のひら返したように祖母を疎ましく思うというのは依存するにも程があるよなあと。夫は手遅れとしても大丈夫かこの子らの将来はと他人事ながら不安になったりしてしまいました。まあいい教訓にはなったのでしょうけど。

早紀(菅野さん)と正登(塚本さん)との関係はこの期に及んでもよく分かりませんで、今までなんだかんだあってもリーダーシップをとっているのはいずれも早紀の方でぐちぐち言っても結局は従う正登という図式だったと考えれば今後においてもなにかぶちぶち言っても早紀のしっかりせえやの一喝で丸く収まるような気がしてくる訳で。そんなら結婚すりゃ万事が丸く収まるんじゃないのかと。何が障害になってるんでしょうかねえ。言う事と思ってる事が一致しない正登の言動が災いして自分で自分の首を絞めているのでしょうけど。

ここまで来たら最終回は何が描かれるのでしょうか。合否と出産はまあ確実として後は何が?誰が父親となるのかとかいう話しなんでしょうか。それだけで15分拡大までした時間を描き通すつもりだとしたら間が持つのかしらんと。何か他のイベントとか発生するのかな。今回の璃子の展開のようにあっと驚く展開が起こるんでしょうか。だとしたらそれは藍田(谷原さん)になのかな。まあ勝手な想像ですけど。

|
|

« *ちょびちょび | トップページ | *あぶらむし »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47778629

この記事へのトラックバック一覧です: 曲げられない女 その9:

« *ちょびちょび | トップページ | *あぶらむし »