« 剣客商売スペシャル道場破り | トップページ | *どぶしょい »

*ぼっちい

「ぼろっちい」と言っている。

似たような表現で「ぼっこい」というのがあるがそれとの違いは「ぼっこい」は作りが粗末といった感じで物の古い新しいには拘らなしに使われるのが多いのに対し「ぼっちい」は古いとか磨耗・消耗したような物を指すことが多いという違い。

辞書・ネットの辞書どちらにも載っていないので使われてる地域の範囲が狭い言葉であろうが方言(遠州弁)と呼べるのかどうかは微妙ではある。

これが「へぼっちい」・「しょぼっちい」・「びんぼうっちい」とかなら分かりがいいのだろうか。もちろん意味はそれぞれ異なるけれどこういう傾向の言葉だということではあろうと思われる。

例文

鹿さん「そろそろ買い替えまいや。」

熊さん「なんでえ、そりゃぼっちいかもしれんがまだ使えるじゃん。」

鹿さん「物持ちいいなあ解かるけど。ぼっちいとかゆう問題じゃなくてさあ。アナログ放送じきに無くなるだもんでえ。」

熊さん「直ぐにじゃありもしん。そんなもん直前でいいだあ勿体無い。」

鹿さん「知らんにい。あたふたしてもを。」

熊さん「なにんあたふたせるだあ。」

鹿さん「そりゃあよく知らんけど。直前だと足元見られて値段高くなるかもしれんじゃん。」

熊さん「今が安いって誰んゆえるだあ。ところでアナログしか映らんテレビしか持ってんでテレビ観れんくなっても受信料取られるだかいやあ。」

|
|

« 剣客商売スペシャル道場破り | トップページ | *どぶしょい »

1-2・遠州弁ほ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47330646

この記事へのトラックバック一覧です: *ぼっちい:

« 剣客商売スペシャル道場破り | トップページ | *どぶしょい »