« *がっくし・がっくしこん | トップページ | 特上カバチ!! その7 »

*必死こいて

「懸命に」とか「頑張って」とかいう意味合いで使われる表現。「焦って」とかいう「急く」というニュアンスで使われることも多い。イントネーションも共通語とは異なる。

まあ訳については単純に「必死に」ということでもいいのだけれど「死に物狂い」という勢いではないので「必死に」だとニュアンスが若干伝わらないところである。

基本真剣味(真面目さ)は薄く言い訳っぽい感じがする。男女共用だがやや男言葉寄りと思われる。

例文

「時間なくなってきたもんで必死こいてやっただよ。」

「どこがよを。全然できてもしんに。」

「まあそをいわすとを。これん精一杯の限界だで勘弁してやあ。」

「時間なくなる前何やってたよを。」

「寝えってた。」

「ばかっつら。何が必死こいてだあ。」

|
|

« *がっくし・がっくしこん | トップページ | 特上カバチ!! その7 »

1-2・遠州弁ひ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47644153

この記事へのトラックバック一覧です: *必死こいて:

« *がっくし・がっくしこん | トップページ | 特上カバチ!! その7 »