« コード・ブルーⅡ その7 | トップページ | *みるい »

*やっきり

「やっきりこいちゃう」という記事を以前書いたが説明がぞんざいだと思ったので新たに書き直しすることとした。ただし完全な私見であることを始めに言い訳として述べときます。

「やっきり」

明確に共通語に直せる感じがしないのであるが、「悔しい」・「口惜しい」・「思い出してもムカムカ」・「地団駄」とかであろうか。

「やっきりこいた」で「悔しがった」・「口惜しく思った」・「思い出してもムカムカした」・「地団駄踏んだ」・「むかっ腹が立った」みたいな言葉になる。

色んなHPでの説明を見ると、立腹する・癪に障る・じれったい・悔しいとかと説明がなされているようだ。言っても仕方ない事だけれども腹に溜めるには収まりがつかないで態度や口に出るみたいな感じということであろう。

駿河とかでも「やっきり」は使うらしい。が、あちらは「やっきり」は「する」ものらしい。

しかし私らんとこは「やっきり」は「する」ものではなく「来た」ものでもなく「こく」ものである。これは遠州全般かというとそうでもなく限られた小数の使い方らしいので以下の「こく」の説明は飛ばしてもらって一向に構わないものである。

 「こく」とは言う・のたまうとかいうことで、それからすると口で発するものが「やっきり」ということになるのだが実際の使い方としては「はらわたが煮えくり返る」状態を表わしていて具体的な「発言」を指している訳ではない。

例えば一言も発せず近くのものを思いっきり蹴っ飛ばしたりしててもその様を「やっきりこいてる」と言い表しているのである。もちろん状態としては「あだけて」いるので「やっきりこいてあだけまくってる」と言うことになるが。

実際の使いどころで考えれば「こく」ではなく「する」・「してる」とかが相応しい筈なのだが実用は「こく」なのである。なんか知らんけど。そういう意味では「する」を使う地域のほうが正しい使い方をしているだろうなと思わないでもない。

で、話しを一般的な遠州弁ということに戻すけれど「やっきり」を分かりやすく訳すというのは難しい。地域によっての違いみたいなものもあろうが共通語の隙間を埋めるような表現というのが方言にはあって「やっきり」はそれに当てはまるような言葉なのかもしれない。もしくは色んな状況を総称してまとめた表現ということも考えられる。事例を幾つか挙げてみる。これらは「やっきり」かどうか。

1・ハンカチをきつく噛んでキー悔しいと憤慨してる

2・気に入らないことがあってちゃぶ台をひっくり返している

3・誰が見ても不公平な仕事を押し付けられて納得いかない

4・好きなものを最後に食べようとしてたのに横から持っていかれた

5・欲しかったのに売り切れてしまって手に入らなかった

6・勝てるかなと踏んだ試合だったがやったらけちょんけちょんに負けてしまった

7・歩いていたら鳥の糞が落ちて服についた

8・のろのろ運転の車が前を走っているが追い越しできずイライラしている

推測だが「やっきり」は一般的には自分の思い通りにならない時に発する苛立ちみたいなものとされているが、自分勝手と取られかねない事をあえてするというのも若干可笑しな話しではある。なのでどちらかといえば不条理に対する不快や憤りを表わす言葉なのではとも思える。もちろんその人の理屈によるもので世間一般の正論とは限らないのでその基準は非常に曖昧なのだがとりあえずは本人は不条理だと思っているということなのであろう。

なので「1」は理由が分からないので「やっきり」かどうか決め付けれない。まあイメージとしては自分の思い通りにいかない様に対して怒ってるようであるので「やっきり」を使えなくもないが。

「2」は不条理に対しての不条理返しみたいなものなので「やっきり」ではなく「頭来た」というべきか。八つ当たりとはいえ一応反撃してる訳で「やっきり」の後の行動だと思われる。もちろんこれで溜飲が下がった訳ではないとかだと本人は「やっきり」を使うかもしれないがこれも共感は得られにくい。

「3」と「4」・「7」は「やっきり」という状態であろう。

「5」は世界は自分を中心に回ってるという考えで買えないのは他人のせいという意識であれば本人は「やっきり」であろう。

「6」は明確な実力の差であり不条理の要素が無いので「やっきり」しようがない。何で自分に才能がないんだと嘆けば「やっきり」の要素はあるが。

「8」は「やっきり」であろうがこの場合の「やっきり」は「じれったい」と訳すのが妥当か。でも普段の車の流れを堰きとめている前を走る車にちゃんとしろよと思ってることには違いなくそんな車に遭遇した事に「ついてない」感を抱けば「やっきり」となるだろうか。

これらのことから考えると不条理を探し出して見つければ大抵のことに「やっきり」を使うことができる。他人からみれば自分勝手や理解不能とかであっても本人がそう思えば「やっきり」なんだと。

|
|

« コード・ブルーⅡ その7 | トップページ | *みるい »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47431880

この記事へのトラックバック一覧です: *やっきり:

« コード・ブルーⅡ その7 | トップページ | *みるい »