« *ふんで | トップページ | コード・ブルーⅡ その7 »

カーリング対独戦

 カーリング。対露戦は0-6の時点で「駄目だこりゃ」と思ったけどそこから「なんともはや」な追いつきで最後うっちゃりにて勝利す。其の後の対独戦。惜敗たりや否かは素人ゆえ知る由も無き処なれどもこれ即ち残念とぞ映りけり。これにて準決勝に勝ち進まんが為の皮算用からしたればもはや不敗の決意にていざ予選を挑まんが如き勢いとならんかのようでありたるが。

にっぽんチャチャチャというよりも「ないすしょっと~」とか「おお~」とかいう実況アナウンサーさんと解説者さんの感嘆・歓喜の声を愉しみたいのでとにかくニッポンがんばれみたいなひたすらな喚起の声でやきもきするよりかある程度開き直って両方のチームのスーパーショットのオンパレードというものを見たいしそう解説とかでも盛り上げて欲しいところでありますな。

ところで個人的嗜好で期待してた独逸語。スキップのお方以外の声が聞こえてこなくて全然かしましくなくてちょっと残念。たった四人でそのお国柄を判断するのは暴挙にほかならないものでありましょうが独逸の女性はおしとやかということなんでせうか。メンバー間の年齢の開きというのもあったようですが。

|
|

« *ふんで | トップページ | コード・ブルーⅡ その7 »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47634641

この記事へのトラックバック一覧です: カーリング対独戦:

« *ふんで | トップページ | コード・ブルーⅡ その7 »