« *はあずいぶんだらあ | トップページ | 不毛地帯 その16 »

*つんで

訳すにはたと困る言葉である。

共通語で近いのは江戸前の「てんで」辺りになるのだろうか。

「そうかってんで慌てて駆けつけたんでえ」

これが遠州弁だと

「そうかっつんでちゃっと飛んできたでえ」

みたいなものか。だとするとその訳は「~というので」ということになるのか。

でも「~というので」だと「つうんで」という言い方になり「~というのだ」だと「つうだあ」となることが多く、適切な訳という気がしない。

「てな感じで」・「てなもんで」の方がニュアンスとしては近いのかな。

例文

「うきゃうきゃぴっぴ ほげほげ~♪」

「このくそ忙しいだに何ご陽気に鼻歌なんか歌ってるよを。」

「嗤っちゃうっつんで。」

  (嗤っちゃうよってなもんだ。)

「なにがよを。ついに気いふれただか?」

  (どうしたんだ?ついに気でもふれたのか?)

「人減らいても仕事のやりようは変わらんだもんで結局二人分を一人がやってるのと一緒じゃん。で給料変わらんだらあ?でミスはするなだらあ?それ考えたら馬鹿らしくてやってれんくなった。」

「今頃悟ったあ。はあとうの昔に皆知ってるにい。」

  (今頃気づいたのかよ。もうとっくに皆判ってることだぜ。)

「じゃなんでみんな普通に仕事してれるよを。」

「休憩室で皆読んでる雑誌見たら?皆転職調べてるじゃん。」

「あ、なるほどね。」

|
|

« *はあずいぶんだらあ | トップページ | 不毛地帯 その16 »

1-2・遠州弁つ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47563618

この記事へのトラックバック一覧です: *つんで:

« *はあずいぶんだらあ | トップページ | 不毛地帯 その16 »