« 曲げられない女 その7 | トップページ | 不毛地帯 その17 »

*遠州では使われない言葉 「わや」

「わやくちゃ」とか「わや」。全く使わないと言い切ることは出来ないが遠州では普段の会話で耳にすることは滅多にない。

おそらくは関西方面の言葉なんだろうかな。と思っていたらそうでもないらしい。

辞書によれば、「わや」とは「めちゃめちゃ・乱雑」とあった。つまり共通語。

ネットの辞書では「わやく」の転じたもので「筋の通らない事・様」・「台無しになる事・様」などとあった。昭和と平成ではその意味合いに変化があるように感じられる。ちなみに辞書での「わやく」は「いたずら・乱暴」と記されてある。

方言ということにおいてもネットでは東北・中部・関西・山陽など広い地方の方言で紹介されていた。

辞書に記載されてる「わや」と各地方の方言の「わや」が全く同じ意味を為してるのかは詳しく調べていないので定かではないが大雑把にはほぼ同じ意味使いであるような気がする。

つまりこれだけ広い地域で使われてる「わや」が遠州では殆ど使われないというのはどういうことなんだろう。代わりの表現があるからなんだろうなということか。

「めちゃめちゃ」だと「ぐじゃぐじゃ」・「くっちゃくちゃ」・「しっちゃかめっちゃか」

「乱雑」だと「くっちゃんくっちゃん」・「らんごかねえ」・「どぎたない」

「筋が通らない」だと「話し通りもしん」・「なんかおかしくね?」・「そりゃないらあ」・「変だらあ」

「台無し」だと「だめにして」・「意味ないじゃん」・「なんてことしてくれるよを」・「パーになる」

などと一応考えてみたけどどうもこれだというものが思いつかない。でも「わや」は普通使わない。

「わや」自体は使われてもおおよその意味は分かるので何?と聞き返すことはないが大抵は「嫌になっちゃう」か「水の泡」・「水泡に帰す」とかいう意味だと遠州では解釈されることが多いであろうか。なのでそう言う意味じゃないつもりで「わや」と発しても遠州人はそうとしか理解しない可能性が大なので遠州では大層なものではないにしても若干誤解が生じやすい表現かもしれない。

|
|

« 曲げられない女 その7 | トップページ | 不毛地帯 その17 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47411345

この記事へのトラックバック一覧です: *遠州では使われない言葉 「わや」:

« 曲げられない女 その7 | トップページ | 不毛地帯 その17 »