« *めんめえ | トップページ | 福岡発ドラマスペシャル「母さんへ」 »

泣かないと決めた日 その3

 やれば出来る子なんですよね角田美樹(榮倉さん)というお人は。

虐める方としてはそうは思っていないから色々なアクションを起こすのでしょうけどごく稀になんでこいつを採用したんだと決定した人事の連中の節穴をつっこんだりもするという経験が私ごときでもありますし。

出来る部分を観れなくて虐げているのかホントに出来ないから邪険に扱ってるのかというのは微妙なものでありましょうや。

大昔のように縁故採用花盛りの時代であるならば、ホントなんでここにいるのかその能力に疑問を抱くことはむべなる所業にてござそうらへども。誰それという偉いさんの縁故だぞとかいうパワーバランスで思ってても言えない空間があり邪険や排除といった感情の抑制となってその分酒場で憂さ晴らし。

今はさすがにそういったものは陰に隠れて行われている訳ですが。このドラマの主人公はやれば出来る子のようなのでそういうのとは一線を画してるようです。でも「虐め」と「邪険」ってどう違うのかな。「攻撃」と「無視」という違いで排除が目的であることに違いはないか。

攻撃は瞬間的なもので無視は永続的なものだけど耐えれるとしたら無視のほうがまだましなんだろうか。人それぞれだろうけど。

そうやって考えていくとドラマほどではないにせよ学校に通ってた時分は攻撃されたし仕事始めてからは無視されてた時期あったなあ自分にも。でも学校じゃあみんな貧乏が当たり前の時代だったから金たかられるような事は無くて「お前むかつく」だけで済んだ分まだ昔の方がましだったのかもしれない。仕事してて無視されるのは理想を夢見ずこんなもんだと思えば結構馴れるもんだ。

まあそんな我が身を振り返ったところでもう忘れてしまったような事思い出しても何の得にもならないのでドラマをどう楽しむべきなのかに頭を向けるよう努力しよう。

色んなドラマで描かれるこういう虐めに走るパターンを幾つか考えてみると

*氏素性が低い

 エリート・プライド意識との闘いという感じでしょうか。

*能力を妬まれる

 嫉妬心との闘いという奴でしょうか。一番生産性が無くドロドロしてそう。

*障害(ライバル)と見なされる

 こいつがいると自分が目的を達せられ無くなるという危機感。フェアプレーが望まれますなこういうのは。

*特別扱い

 えこひいきという奴ですな。実績や能力には関係なしに階段昇ってくという嗚呼無情な世界でこういうのだと多少邪険にしても撥は当たらないのかもなんて思ってしまいます。

*見放される

 思いっきり足とか引っ張られてのトラウマからくるものでしょうか。いいとこ見せるくらいしか挽回の策が浮かびませんな。

*いけにえ(はけ口)にされる

 本人に非なぞはなくそういうポジションの巡り合わせに収まってしまったという超理不尽。最近はこういうのが主流だったような。

*昔の報い

 昔逆の立場だった者同士が歳月を経て再び出会い怨み晴らさでここぞとばかり。小さい頃のいじめっ子が今度はいじめられる側になるとかみたいな。

*徹底的に利用し尽くされる

 究極のとんびにあぶらげ状態か。努力がなにも報われないなんと無情。でもこういうのの突破口って見てる人は必ずいるってのがセオリーだよな。

*馬が合わない

 これだけはどうしようもないところでしょうか。決着としては大人の対応という衣を着せるくらいしか思いつきませんな。

他にも色々あるでしょうけど流石に主人公が能無しという設定は見た記憶がないのでこれはないとして。なんかこのドラマ特別扱い・昔の報い以外はこういった要素が全て一人の人間に覆い被さっているように映りますなあ。山中鹿之助でも逃げ出しちゃうんじゃないのかと思えるような「七難八苦」な「四面楚歌」と思えます。でもまあ方向性としてはひとりを除いて各人が持つ鬱積した感情の「はけぐち」にされてる勢いが強まってきたようでありますな。

要はどこで落ち着く先を見つけるかということで、低い位置で自分の居場所を見つけてうだつの上がらない仕事人でも満足となるのかずうっと落ち着くことなく苦労を背負いて高みに昇ろうとし続けるのか。どのみち仕事が大きくなればなるほど障害はより膨らんでついて回るものですし、排除しようとするのが同僚か競合者かお客かの違いというもので無くなることはないでしょうから。そうなるといじめも困難も苦しむという境地においては左程違いがない訳で。

私はお気楽主義な甘ちゃんなので先に結末見せておいてくれてからここまでに色々あったみたいな方が観やすいんですけど。そうはさせじなんでしょうねきっと。なので多分番組終了してから一気に見直ししたほうが愉しめるのかもしれません私には。いくらなんでもこういう理由で死を選びましたなんていう問題提起で終わるという散々な結末ではないでしょうから。

それにしても藤田千秋(片瀬さん)の後をちょろちょろついてく姿は可愛かったけど、いい根性してますなあ。

|
|

« *めんめえ | トップページ | 福岡発ドラマスペシャル「母さんへ」 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47530483

この記事へのトラックバック一覧です: 泣かないと決めた日 その3:

« *めんめえ | トップページ | 福岡発ドラマスペシャル「母さんへ」 »