« *つんで | トップページ | *ひっこまったところ »

不毛地帯 その16

 凄く見応え重厚で酔いしれちゃいます。あの忌まわしい記憶が払拭しきれずソ連行きを拒絶する様が特に凄まじかったところです。

そういえば、記憶と言えばドラマ観てて実際にああいうデマがあったというのを思い出しました。商社を取り巻く偉いさんの中でソ連のスパイではとかいう憶測みたいなのがあったというのを私もかすかな記憶として残ってたっけと。もっともそれはドラマとは他人の空似であろう瀬島氏がお亡くなりになられた際の関連ニュースや記事等によるもので、当時そういうデマが大層飛び交ったというものでリアルタイムでの醜聞という記憶ではありませんが。

抑留生活を強いられた人達はソ連抑留中に洗脳されて共産思想を日本で実践する尖兵となったなんてデマがまことしやかに言われてたような時代でしたから。そう思わせるような労働争議花盛りな世相でありましたでしょうから信じちゃう人は多かったんでしょうかね。

そんなつい信じてしまい易いデマってのはこういう出る杭は打たれるという嫌がらせの為の策だったんですねえ。新入社員を虐め抜くドラマとか今やってますがそんなレベルじゃない半端ない虐めでというか潰しか。結局立場や地位などに関係なく仕事するってのはそういうものとの闘いに他ならないという事なんでしょうね。

いづれにしても20年近く時を経ても尚消えず「ソ連には行かぬ」とあのように取り乱す様というものを見せ付けられると想像もつかないような体験であられたのだろうなと慮るのみであります戦争も戦後も経験してない甘ちゃんとしては。

そういう思いを振り切ってソ連に向かったのですから来週は多少なりとも朗報が観れるのでしょうか。短絡的嗜好でありますが今週はなんか打たれっぱなしな感がありましたんで来週はスカッとしたい気分です。

|
|

« *つんで | トップページ | *ひっこまったところ »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47604257

この記事へのトラックバック一覧です: 不毛地帯 その16:

« *つんで | トップページ | *ひっこまったところ »