« 曲げられない女 その3 | トップページ | 不毛地帯 その13 »

*そういわすとを

「そんな事言わないで」と言っている。

頼むよぉとかお願いだからというニュアンスが含まれている。つまり低姿勢。

低姿勢ではあるが敬語ではないので目上や恐れてるような相手には使わない。横並びか苦手な相手に対して使うことが多い。目下に使うとなめられやすい。基本男言葉。

女性の場合だと「そんなことゆわんでえ」とかが使われる。

基本姿勢は笑顔(作り・愛想笑顔も含む)なので相手が

「しょんねえなあやあ。」

とかで受け入れてくれればいいのだが、受け入れられない場合に相手から

「なにへらへらしてるだあ。」

とか言われたりなんかしてその場の空気が重くなることもある。

例文(さりげなくかわされたという図)

「今日はちゃっと帰るでねえ。」

  (今日はとっとと帰るからね。)

「そういわすとを。今のとりあえず仕上げちゃいまい。」

  (そんな事言わないでさあ。今やってる分仕上げちゃおうよ。)

「明日でもいいじゃん別にい。」

  (別に明日でもいいだろ。)

「だって何あるか分からんじゃん。」

  (だって何が起こるのか分からないじゃない。)

「ひとつはっきりしてるのはちゃっと帰りゃドラマが観れる。」

「冷たいじゃん。」

「おおなんとでもいってくりょ。」

  (うん、なんとでも言って。)

|
|

« 曲げられない女 その3 | トップページ | 不毛地帯 その13 »

1-2・遠州弁そ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47404490

この記事へのトラックバック一覧です: *そういわすとを:

« 曲げられない女 その3 | トップページ | 不毛地帯 その13 »