« 旗日(はたび) | トップページ | *なんででえ »

方言をブログに書くのは難しいだにい

 遠州弁に限った話しではないのかもしれないが、方言の話す先(相手)は一人に対してというのが基本の姿勢だと思う。

もちろん少人数に対しても対応可能ではあるが、確実に言える事は壇上の上に立って改まって不特定多数の人々に向かっては放つものではないという事。

よく普段は方言使うのにじゃあブログに書こうかとなると上手く出てこないというのはそういう意識の問題なんだろうなきっと。誰が見てくれるか分からないという不特定多数に向けてという意識が出てくるから書けないんだろうな。

 それともうひとつは、書き言葉と話し言葉は異なるものでありまして。

話し言葉は感情を伝えるもので

書き言葉は心情を表わすものでありますからして

まあそのぉなんと申しましょうか。方言は話し言葉でありましてで。

ブログという書き言葉の領域で述べたところでどこまで伝わるものやら。

ということからうまく書けないんだろうなきっと。まあ単にわかりづらい文章書いてるいい訳なんですけどね。

やはり読むことからよりも聞くことからでなくちゃいけないんだろうなきっと。音声付のブログとかにするのがいいんだろうなきっと。能がないから無理だけど。

|
|

« 旗日(はたび) | トップページ | *なんででえ »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46897721

この記事へのトラックバック一覧です: 方言をブログに書くのは難しいだにい:

« 旗日(はたび) | トップページ | *なんででえ »