« 曲げられない女 その1 | トップページ | 不毛地帯 その11 »

*ええからかん

「いい加減」・「不真面目」・「口先だけ」などという意味。遠州に限らない広い地域で使われている言葉であろうが遠州でも使うよということで記載。でもほぼ死語に近い感じで昔は大人がよく使ってたけど最近は殆ど聞かないなあという気はする。

「かんからかん」(空き缶)という言い方ととても近い、というか「からかん」が同じである。他には「すっからかん」とかがあろうか。

「いいからかん」という言い方をする地方もあり。ネットで調べると甲州(山梨県)・東京都西多摩郡瑞穂町・秩父・群馬・長野などなど関東甲信地域で広く使われる方言として検索でヒットする。

遠州では「いい」が「ええ」に変化して使われているということであろう。余談だが駿河でも同じような言い方をするらしい、意味も殆ど同じみたいだし。

他には「ええからべえ」という言い方も遠州にはある。「べえ」はおそらく名前の「兵衛」からきたものと想像される。こちらは「いい加減な事を言う人」といった人を指す時に使われることが多い。

「いい加減」・「ずぼら」などということであれば「ええころかげん」という言い方もある。

話を戻して、「からかん」という言い回しの味噌は「から」にあるのかも。地域によって「かん」とか「べえ」になったりするが「から」は不変だからというのがその理由。

以下は全くの私見な推測の屁理屈であるが

「かんから」も「すっから」も漢字にすると「缶空」・「素っ空」と書ける。

したがって「ええから」の「から」も「空」である可能性が高い。そしてその意味するところは辞書による「空」は「ただそうするだけで、それに伴うものがない状態にあること」ということの意味が使われているのではなかろうか。したがって「良い」が「空っぽ」。つまり良いが空虚ということではなかろうか。そして「良いが空」+語呂合わせの「兵衛」とか「かん」が付いたのではと。

ただ「かん」ってなんぞやということに関してはさっぱり分からない。

想像を働かせば、「官吏」の「官」だったら「役に立たないお役人」って感じだろうし「感覚」の「感」だったら「当てにならない感」ってことだろうし「奸」だったら「騙す輩」って勢いだろうし。「完結」の「完」なら「いい加減にしろ」もしくは「完全ないい加減」だろうし「漢」なら「いい加減なおとこ」とかなんでも可能性があるような。ま、あくまで妄想ですけどね。

実際のところやはり「からかん」ってどういう語源なのかはさっぱり分からない。

例文

「明日の天気どうだかいやあ。」

「どがんこピーカンだって。」

「またええからかんなことぬかいてえ。」

「テレビでゆってたで嘘じゃないって。信じん人だやあ。」

|
|

« 曲げられない女 その1 | トップページ | 不毛地帯 その11 »

1-2・遠州弁え行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47269824

この記事へのトラックバック一覧です: *ええからかん:

« 曲げられない女 その1 | トップページ | 不毛地帯 その11 »