« コード・ブルーⅡ その2 | トップページ | *くちんべた »

*しらんよを

二通りの意味を成す。イントネーションの違いによって使い分けるという遠州弁の聞き取りでは高度な部類に入るものである。ま、実際耳で聞けば明らかに違うのでそんな大層なものではないが。

意味としてはどちらも「知らないね」とか言っているのだがその裏に含む意味合いが異なる。男女共用。

*「しらん」の「し」と「よを」を強く言う場合の「しらんよを」。

言い方(発音)として共通語で近いのは「しらんわ」であろうか。とにかく「知らない」と言い張っている(言い切ってる)ということになる。なんで私が知っていなくちゃいけないのという憤慨が籠もる事が多々ある。身に覚えがないという意味でも使われるので「俺じゃない」という訳になることもある。

近い言い回しでは「しらんにい」というのがあるがこちらの方がきつめ(突き放し)な言い回しになる。

*「よを」のみを強く言う場合の「しらんよを」。

言い方(発音)として共通語で近いのは「しらんなあ」であろうか。「しらないからね」というニュアンスで、私に振るなよとかいった迷惑な空気感が醸し出される事がある。聞いてどうするといったくだらん(愚問)という意味でも使われるので「あほくさい」という訳にした方が判り易い場合もある。

近い言い回しでは「あんたねえ」というのがあるがこちらの方が呆れ具合が増した言い回しになる。

例文(ふたつの「しらんよを」さあどっちだ)

「誰よ。ここんさあワックスかけてかわかいてただにその上踏んづけてったのわあ。跡んついちゃってるじゃん。あんたけえ。」

「しらんよを。今帰ってきたばっかだに。」

「ほんじゃなによを泥棒でも入っただかいやあ。貧乏人狙って何愉しいだかいねえ。」

「しらんよを。なんか盗られたもんとかあるだ?」

「見た感じないみたいだけど。じゃあ誰の仕業だかいねえ。」

「どうせ自分ボケこいただら。ドア近くからかけ始めて部屋出る時拭いた上歩いて出たの気づかなんだとか。」

「ああそうかあ。」

「おい勘弁してよをホントにけえ。」

|
|

« コード・ブルーⅡ その2 | トップページ | *くちんべた »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47317208

この記事へのトラックバック一覧です: *しらんよを:

« コード・ブルーⅡ その2 | トップページ | *くちんべた »