« 木下部長とボク その1 | トップページ | *じゃん その3 »

咲くやこの花 

 ひらっちが出るということで見ておりますこのドラマ。

してその感想はと申しますと、ひらっちらしからぬ役でありまして。これは

役者「平岡祐太」の演技の幅を広げる挑戦という趣を感じる次第でありましょうや。

まあ素性がなんたらとかいうイケメンコンテスト出身ということもあり基がいけてる顔している訳で。こういったすかした役をやっても違和感はないんですけど。渋い表情しててもお武家さんにしてはという気がしないでもないところですな。

これで「やっとう」のお手並みがびしっと決まれば又見る目も違ってくるやもしれませぬが今のところお侍さんなのにほぼ初対面の町娘風情に舐めた口利かれても特に違和感を感じさせない人当たりのよさというものは隠しきれていないようではあります。(隠す意図等毛頭無いのかもしれませんが。)

ま、平たく言えば強そうには見えないんでこれで仇討ちなんて出来るのかなあとつい思ってしまっているということであります。

そう思われるように見せておいて最後には格好良く変身して王子様となってシンデレラを幸せに導くという変身モノなんだということでであれば見方としては視聴者として見事に乗せられてるということで良いのでありますが。

|
|

« 木下部長とボク その1 | トップページ | *じゃん その3 »

2・スウィングガールズ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47311290

この記事へのトラックバック一覧です: 咲くやこの花 :

« 木下部長とボク その1 | トップページ | *じゃん その3 »