« *ほじる&ほじく | トップページ | とめはね!鈴里高校書道部 その1 »

*とあるニュースを読んでの遠州弁での会話

A「そうかあ、ついに賽は放たれたってか。」

B「おめえそれをゆうなら矢は投げられただら。」

C「サイコロ放ったら遠く行き過ぎて目が分からんし矢を手で投げたって刺さりもしんに。限りなく違うぞ。」

A「野で洟垂れたってのは意味違うか。」

C「さぶいからな。ってただの言葉遊びじゃねえか。しょんねえのっ。もっといいこと言えんだ?」

B「後が無いってことで背水の仁ってなあどうよ。」

C「そんなドラマネタすぐ消えるにい。それに縁起っつうこんでいきゃあ門出としてどうかと思うやあ。」

A「無いってこんならまあ確かに謎はひとつも明かされて無かったでなあ仁は。でもやっぱ意味外れちゃいん?これん最後っつう訳でもあるまいに。」

B「だいねえ。ほいじゃあ磐田の舞台から飛び降りるたいな?」

A「それじゃあモロじゃん。つうか清水たあ関係ありもしん。掛かってるようで全然じゃん。」

C「ふんだだこたあええで、なんしょがんばって欲しいよなどこいっても。」

A「そりゃそうだ。勇気湧くもんな あの姿は 見てると。」

B「そんじゃさあ・・・」

C「はあいいって。素直に応援しまいやあ。」

|
|

« *ほじる&ほじく | トップページ | とめはね!鈴里高校書道部 その1 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47251613

この記事へのトラックバック一覧です: *とあるニュースを読んでの遠州弁での会話:

« *ほじる&ほじく | トップページ | とめはね!鈴里高校書道部 その1 »