« *ゆうのいいじゃん | トップページ | *みたく »

特上カバチ!!  その1

 一話と二話の併せた感想でありまして。初回観る限りでは田村(櫻井さん)と住吉(堀北さん)の丁々発止で仲良く喧嘩して切磋琢磨していく物語りなのかと思っていたのですが、二話の最後でなんで?という展開でとりあえず呆気に取られたというか一本取られたというか。昨日の敵は今日の供。一体全体何考えているんでしょうかねえ住吉は。でもなんか見下し加減が面白そう。

正義漢の塊みたいな田村という一心不乱な濃いキャラはともすれば浮き捲くる暑苦しさを伴ううっとおしさが感じられるものですが、このドラマはそうはどっこいって感じで周りのキャラが一心不埒かどうかは定かではありませんが輪をかけてより濃厚でありましてこの中に入ると田村がなぜが大人しめに映ると云うからあら不思議。

勿論見せ方そのものも巌流島ありクイズあり漫画みたいな効果線ありとバラエティ色たっぷりな奇想天外というものでありましてこれくらいこれでもかということになればそりゃ確かにキャラもぶっとんでいかないと追いつけないよなあと思えますが。

いづれにしてもよってたかって演技も演出効果もバラエティ色の濃いドラマのようであります。それでいて依頼案件の一部始終は義理人情と社会の冷淡さが真面目に描かれていて二面性のあるドラマのようです。

正直こんな人達に命運預けていいんかいと不安になりはしますが、とりあえず今回の騒動はナイスな結末でありました。この真摯と珍事のバランスが絶妙であるならばこれは面白いドラマになるなという気がしてきました。

金の貸し借りは友情をも蝕む。それを見事に解決に導いた訳でありますし法律の豆知識とかはためになるものではありますしこじれた話しの流れというものも絵空事ではないありうるよなものでしたし役者さん観てるだけでも愉しいし。

強欲なのかもしれませんが後何が加わればこれは面白いときっぱりいえるようになるのでありましょうか。よく分かんないんですがもう一味欲しいなとなぜか思えてきます。恋愛がらみとかじゃなくてそこはかないゴール地点でしょうかねえ。まあそれは追々描かれていくんでしょうけど今のところそれが推測できない。なにしろ昨日の敵は今日から供ですからねえ。呼び捨てにされてた「田村」ですから友じゃなく供(従者)扱いみたいなことが起こる展開ですからホント先が読めません。

住吉がなんらかの工作の為に身内になったとかいう事じゃなければここまでが出会いと各人の紹介といった趣で来週から落ち着いた流れがスタートするっていうことなんでしょうか。それとも予測するのはまだもうちょっと様子見した方がいいのかな。

|
|

« *ゆうのいいじゃん | トップページ | *みたく »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47382710

この記事へのトラックバック一覧です: 特上カバチ!!  その1:

« *ゆうのいいじゃん | トップページ | *みたく »