« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

一月はなに観よか

 毎年書いてるけど、来年の事を言うと鬼が笑うとかではありますが

今度はとにかくパートⅡが沢山なので殆ど悩む必要がないクールではありますな。新鮮味や刺激が薄れるとかいう意見もございましょうが、冒険と安定を交互に繰り返していけばいいのですからパートⅡ花盛りが悪いことではないと思っているのですけど。誰も観た事が無いような冒険は雌伏の中のうちに膨らませておいてから次のクール辺りにでも爆発してくれればいいじゃないですか。まあ両立というか種類豊富な方がホントは有難いんですけどね。でもブームというか流れに敏なるがドラマの特徴でしょうから世俗が不安定な今に求められるものは安心・安定なんでありましょうなこれだけ多いというのはおそらくは。それとも夢よ再びか。

そんなこんなでとりあえず観るつもりのドラマを列挙しときます。非常に個人的な話しですが、録画機を買い換えたので録画でも地デジで見れるようになったので某有料国営放送のドラマも多少は憤りが和らいで見れるやもという状況になりました。ただ有料なだけに面白くなければ金返せみたいなお下品な感想に直ぐ走ってしまいかねないので感想書くのは極力自粛しますが。

 龍馬伝

しほりんが出るしね。といっても登場はまだ先のお話しでしょうけど。それにしてもガリレオ再放送花盛りで映画も地上波初登場と局が跨いではいても福山さんをバックアップして盛り立てようという気運が高まっている気がするのは気のせいか。もちろん悪い話しじゃないけど、最近はフジと某国営放送がちょくちょこコラボしてたりしてたからそういう流れもあるのかななんてちょいと勘繰ってしまいますわ。

 コード・ブルー

問答無用で視聴でしょうな。今度は月9かあ。リアルタイムじゃ観れないや。昔は時代劇にハズレなしって勢いだったけど今は医療にその流れが向いているのかな。ここんとこ毎クールお医者さんのドラマを観てる気がする。でも飽きないのはあら不思議。

 まっすぐな男

しほりんが出るとかでチェックします。コメディー度がどれくらいかで好みとなるやいなや。

 曲げられない女(仮)

菅野さんと永作さん目当てという感じですが、展開がどうなるかですかね。

 不毛地帯

今も観てますんで当然。

 ブラッディ・マンデイ

前シリーズの終わり方が消化不良な印象だったのでおそらくⅡはあるな(もしくは見せて)と思っていたのでまずはよかったⅡが出て。

 咲くやこの花

ひらっちが出るから見ます。ただそれだけの理由です。

 他にもⅡと名のつくドラマはハンチョウ・金太郎とかありますが、Ⅰを見てないんでなんともはや。

他は初回見てからという様子見でいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とてもとても2009・10月~12月

 終ってみれば観てたドラマが少なかったですな。なんか暇な曜日が多いと感じたわけだ。録画機の不調で挫折したドラマも2・3あったけどそれを差し引いても帰ってからの愉しみってのが薄かった気がしやんせ。

* ギネ産婦人科のおんなたち

当初新米ギネの玉木(上地さん)目線でドラマが展開していくのかなと思っていたんですが中途からそうじゃなくなったみたいで身の置き場の見つからない浮遊したような目線で観てました。そうじゃなくとも産婦人科は男にとっては医者でなければ不可侵のような空間ですので。

でも面白かったな。悪意悪党の介在しないドラマってのは好みなんで。

でも確信犯的に苦しめる存在がいないにも拘らずかくも重苦しい空気感が漂い続けるってのはそれほどに現実はしんどいんだということを改めて謳っているのかなあと。

誠実と信頼こそが明るい未来を作る要素なんだろうな。

松下由樹さんと藤原紀香さんが印象深かったです。

手術シーンでも実際の赤ちゃん出演してたりまさしくの血の海だったりとえらく迫力ありました。

ユイカ目当てで観ようと思ったんですが終わる頃には松下さんと藤原さんと内田さんを注視してたっす。理由は別記事に書いてますけど。

* アンタッチャブル

終ってみれば「名無しの権兵衛」は中途に予想したお人という結末でありました。結構楽しめたんですが如何せん一話見逃したので語る資格なしとて。残念至極。

悔やまれるところであります。全話観ていれば、なんで名無しの権兵衛なぞと名乗りを上げたのか。黙って粛々と事を行えばよかったんじゃないのかという疑問をぐでぐで問うていたのに。

佐藤智仁さんがやけに映えた印象を持ちました。後半芦名星さんの存在感が影を潜めたのがちょっと残念でもありました。

* JIN・仁

この時期の中で一番面白かったドラマのような気がしました。続編を意識したかのような最終回は消化不良な部分もありましたが、まあ原作も終わってないんだからこうならざるを得なかったということもあったのやもしれませぬが、それを省けば毎回愉しみでありました。ファンタジーなんだから理屈がどうたらこうたらと突き詰めるのは無粋だという考えもあるやもしれませぬがどちらかというとむしろファジーの部類に属する仕舞い方だと思えました。

そんなこんなはともかくとして役者パワーがことに見応えがありましたな。考えてみればそう多くの登場人物が蠢く群像劇というものではなかったのにスケールの大きさを感じたのは役者力でぐいぐいということによるものでしょう。

* 東京DOGS

色んな要素をごった煮にして熱い内に提供するみたいなホットなイメージが残りました。小栗さんと水嶋さんを愉しむドラマという勢いでありましたな。恋の要素がなければもっと観やすかったのに思ったのは私だけなんでしょうかね。それじゃ月9にはならんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*にい なら許される?

 遠州弁はぞんざい(横柄)で野暮ということになっているのだけれど、馴れてしまえばこれはアリかもということもあるらしい。

それは「にい」。

「だら」・「だに」は他国の衆らにはまずもって受け入れられないものであるようだが、若い女の子が「にい」を発するとそれなりに可愛く聞こえるというのをそこかしこで見聞きしたりている。もちろん女子限定で野郎が「にい」を連発したところでどうにもならないことであるが。

しかしながらその「にい」の使い道は

「やっちゃかんにい」(やっちゃ駄目だからねえ)

「いってもしんにい」(いってないでしょう)

「はあ行くにい遅れるにい」(もう行くよ遅れるよ)

「そうでもないにい」(そうでもないよ)

「しらんにい」(知らないよ)

とかで共通語に直してみれば分かるように決して優しい物言いという訳ではない。もしかして知らぬが仏なのか。まあ

「やっちゃかんでね」

「いってもしん」

「はあ行くでね遅れてもしらんでねえ」

「そうでもないら」

「知らんよを」

みたいな露骨さがない分可愛いく聞こえるものなのか。

少なくとも「にい」を連発するのは親しい証拠にはなり得るが、好意が存在するかどうかは推し量れる表現ではない。

うら若き女性ならば他の地方にいっても「らあ」と「にい」を言う分には許されるということなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*やらしい

「いやらしい・卑猥」という意味。広い地域で使われる表現であろうが「いやらしい」とのニュアンスの使い分けとして遠州では重宝されていると思い記載。男女共用。

遠州弁で「いやらしい」だと「えげつない・図々しい・露骨」とかいう意味で使われる事が多いので「このどスケベがあ」とかいう場合にはこちらの「やらしい」という表現が使われることが多い。もちろん明確な決め事となっているわけではないので人それぞれでありこの説明とは異なり「いやらしい」よりパワーアップした表現として「やらしい」を使う人もいる。つまり「スケベ」=「いやらしい」・「ドスケベ」=「やらしい」みたいな。

でもまあ大方の普段使いとしては「いやらしい」には「卑猥」を込めない使い方が多く「やらしい」には「卑猥」を感じるイメージが強いのでこちらの使い方を説明した。

例文

「歳によってやらしいとこん変わるだいね。若い時分はそれこそモロだけど、ちいと落ち着いてくるとチラリで、ええ歳んなってくると隠いてナンボっつうか。」

「つうこたあいくつんなってもやらしいこんに変わりいないっつうこんかあ。」

「だあの。そういうもんだらあ。まあいやらしい話しだけどな。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*てめえ

一般的な共通語では「おまえ」を賤しめていう表現ということであろうが

遠州弁での使われ方にはそれとは別に例えば「てめえが」だと「自分が」という使い方をする場合がある。「手前」が訛ってかく相成ったかと推察するところである。まあそうはいっても「手前味噌」を「てめえ味噌」とは言わないので説得力はないが。

まあとにかく「おまえ」というニュアンスではなく「自分で」・「自力で」とかいったニュアンスが強いということで賤しめのニュアンスはないというところが共通語の「てめえ」とは異なるところであろうか。

多分に江戸っ子風味があるので遠州独特ということではなかろうがまだ生き残ってる地域でもあろうということで記載。基本男言葉であろうがごく稀に女性の使い手を見る事はある。そういう女性は年齢・血縁関係に関わらず「おっかさ」と呼ばれることが多い。

例文

「どうしようこれ。」

「甘えちゃかん。てめえでなんとかするだあれ。」

  (人に頼るなよ自力でなんとかするもんだ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*おとっさとおっとさ

「おとっさ」と「おっとさ」。どちらも「オヤジ」と言っているのであるがこの違い(使い分け)は存在するのかというお話し。

そもそもこれが遠州弁かどうかは定かではないところであるが、それはまあ置いといて遠州での使われ方ということに限定して考えてみる。当然遠州と言っても個人差・地域差はあるのであくまで一個人の私案であることをお断りしておきます。

まあホントに重箱の隅をほじくるような些細な違いなんですけどなんとなくな印象としては、微妙な違いではあるが「おとっさ」という方が「オヤジ」ほどではないにせよ他人行儀な印象を持つ。

「やあおとっさ。いい加減にしろよなあ。」

訳としては「おいオヤジ」って勢いか。

「やあおっとさ。しょろしょろしてるじゃねえよ。」

「おとっさ」にしたら「はきはきやれよ」という意味合いになるが「おっとさ」だと「勘弁してくれよ」といったニュアンスが強くなるのは気のせいか。

「おっとさ」の方が親愛の情を感じるような気がする。「じじい」と「じいさ」との違いに近いか。

では身内が使う際はどうか。

子供が父親に言えばどちらも尊敬してる感は皆無である。他人に自分の父親の事を言うような場合に使うと上記と同じような感じになるかと。

連れ添いが言えば「おっとさ」は旦那を指すが「おとっさ」だと旦那の父親を指す場合がある。無論同居したりしてれば「おとうさん・おじいちゃん」であるが。

ということで大体な感覚としたら距離感が異なるということかもしれない。

なお、前にも書いたが「おっかさ」はあっても「おかっさ」という言い方は無い。母親は別格なのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ふんと・ふんとに

「本当」・「本当に」と言っている。

「本当そう思うよ」だと「ふんとそう思うだよ」とかになる。別に笑わせようとかいう意図は全くなく真面目に言っているので「ふんと」と言って笑われたりすると気分を害する。

遠州弁においての「あんた」と「ホント」はある意味単なる調子合わせで言葉自体に意味がないことが多く。本気で「本当に」といいたい場合に調子合わせの「ホント」と間違われないように「ふんと」とする事があるということ。

したがってただ単に訛ったということだけでなく使い分けの必要に迫られて編み出された表現ではないかとも思える。まあ勝手な想像だけど。

実際は言い易いから「ほ」が「ふ」に変わったんだろうかな。

「ほんと」というよりも「ふんと」の方がびっくりしてるというニュアンスが増すという感じも気のせいかもしれないがあるのではないか。驚いた時によく使われるのはそういうせいかもしれない。

男女共用の表現であろう。

例文

「ふんとにけえ。なんかうそっぽく聞こえるだけどやあ。」

  (本当なの?なんかうそ臭いんだけど。)

「ほんとだって。あんたも信じん人だねえ。そんな疑り深いとホント嫌われるにい。」

  (ホントだって。疑り深いねえあんたは。そんな疑り深いと皆に嫌われるよ。)

「いらんこんじゃん。でもそれふんとにふんとけえ。」

  (余計なお世話だよ。でもそれ本当に本当なの?)

「だでさっきからそうゆってるじゃんほんとだってえ。」

  (だからさっきからそう言ってるじゃないかホントだって。)

「なあんか嘘くさく聞こえるだけどやあ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京DOGS その10

 最終回。普通にもう一話あるのかと思ってたのに全10話。その分ジャンボ延長で穴埋めか?

いつもより格段に長い割には一気に終わってしまった感があって中身の濃い最終回でありました。見応えあったと書けば済むことですがそれじゃ味気ないので。とにかく面白かったです。

西岡先生(ともさかさん)のぼそぼそと話す声がとても印象に残るところですがお風邪で声が出ないとかじゃなかったらこういう話し方もアリだなと。声を張り上げ朗々と謳い上げるだけが役者さんの仕事ということもないのですから、聞き取れさえすればこういう話し方もいいなあとぞ思ひけり。

神野(仲村さん)逮捕後に奏(小栗さん)の笑顔が観れたんですが、最後まで笑わないという感じで通して欲しかったな。

 オーラスでの背負い投げが象徴的なように、シビアとコメディの両立と共にロマンスの要素も取り込んだという意欲的(観たことない)な作品でありましたが、初物ということもあるのでしょうか観方がこんがらがってしまうところもありまして。あまり複雑な鍋物は好きな方じゃないものでこういう色んな味がしみたのをどう味わっていいんだろうかという感じはありました。見慣れればより愉しめる可能性は感じるのですがこのドラマではちょっと追いつけれなかったです。

コメディを愉しみたい傾向が強かった私としては後半の回はそんな肩に力入れちゃうとギャグが鈍るのにという気分で観てました。奏以外はマイペースでギャグかましていたのになあというのはありますが奏がのってこないとやはり面白さが薄味に思えました。

その分神野が登場してピリッと締まって緊迫感が増しまして、若干違ったドラマにも見えたりなんかして。

別になんだかなあと言ってるつもりはなく、むしろ面白かっただけに欲が出るって感じでありまして、続編かなにかでより馴れてより楽しみたいものですな。

いつも陽気で飄々として大事を成すって作風は以前からよく観たイメージがあるのですが、やるときゃやるがそうでないときはボケまくるというのは新鮮でありまして、そういうの好きです。ただそのメリハリというか切り替えがちょっと追いつけなかったのかもしれません私。

続きを読む "東京DOGS その10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*うそにきまってるじゃん

まあ「嘘に決まってるじゃない」という事でぐでぐでな方言という訳でもないのだが。それでもニュアンスがそこはかとなく方言っぽいかなと思って記載。

当然自分の行動言動に対して「嘘だよ~」という自己申告又は種明かしといった使い方もあるがそれとは別な使い方のお話し。

「そんなのはったりだよ」とか「信じちゃだめだよ」という感じで「騙されるんじゃないよ」と暗に言っていることが多い。もちろん自分の正当性を主張するために他を否定するという使い方もする。

基本はなんかされた言われたと動揺している人に対して惑わされるんじゃないよという励ましの表現。「そんなことないよ」・「大丈夫だよ」とかいうより強い否定で安心させる仕方である。

「うそにきまってるら」だと「嘘でしょそれは」といったニュアンスで確証が薄くなる。

「うそにきまってるに」だと「嘘に違いないよ」といったアドバイス的な要素が強くなる。

例文

「さっきい声掛けられちゃったよを。」

「誰にい。」

「知らん人にい。」

「なんてえ。」

「お小遣い上げるから遊びましょって。」

「いくらあ。」

「○○万。」

「そんなのうそにきまってるじゃん。あんたそれでほいほいついってったら馬鹿だにい。」

「知ってるよを。だもんで今ここに居るじゃん。」

ちなみに「そんなのうそにきまってるら。」だと次に続くのは「あんたそれでほいほいついてったら馬鹿見るにい」(馬鹿見るよ)

「そんなのうそにきまってるにい。」だと「ほいほいついてったら痛い目みるらあ」(ひどい目にあうんじゃないの?)みたいな続きになるであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

JIN・仁 その11

 最終回。素直な感想を述べれば、こりゃ絶対続編あるな。もちろん歓迎ですけど。全くもってとても終わった気がしないのは私だけでせうか。それとも原作がまだ終わっていないのでこうせざるを得なかったのか。

最近死亡フラグなる余分な豆知識を覚えてしまったせいで、ひたすら野風(中谷さん)に死亡フラグ立ちまくってるなあと興ざめな事思いながら観ていたんですが、ここまで林立すると逆に助かるもんだという確信になってくるという気になるのはあら不思議。

なにごともほどほどが肝要ということでせうか。

それにしても仁先生(大沢さん)と咲(綾瀬さん)は以心伝心。どんなに離れていても心の声が伝わるというのは決して一方通行の想いなどではないんでしょうな。橘の家には戻れそうにはなさそうなので、ここまできたら仁先生に責任とって貰うしかないところでしょうな咲の未来は。

野風の顛末は結局ハッピーエンドの部類に入るものなんでしょうか。終わりごろに西洋の建物の前でチラシ配ってる姿が映し出されていましたが。篭の鳥から抜け出れて自由に羽ばたけるようになったということでは大いなる解放ということになりますが、けっこいおべべ着てそれなりに一目置かれる存在でありんしたのにねと思うと無一文で放り出されて世間の荒波に辟易してる風にも受け取られ。自立した女性の魁(さきがけ)という構図であるとも勘繰れも出来。なんか微妙でありんした。一瞬なんで明治の世になってるんだ?と勘違いしてしまいましたしイマイチ分からないところでありんした。まあ明治の御世になればお武家さまは没落の憂き目に遭うんでお妾さんで生涯裕福に暮らしましたとさという訳には行かなかっただろうから上々ということなんでしょうな。

写真の消失は解放の証。つまりこれにて現代に戻るという意識は棄てて江戸の今を生きることに専念するってことなんでせうかね。輝いて見えるということでは介護に明け暮れる現代より江戸で懸命な仁先生の方が格段に輝いて見えましたしね。

前回のモヤモヤ(それぞれの人物の想い)はこの回全てクリアになった勢いを感じたのでありますが、全体としての大きな謎(仁は戻れるのか・現代で手術を受けたのは誰・あの不気味な赤子は何・偏頭痛は何故・時計の針を早めた因果はどうなる)の諸々の答えはスルーされたみたいに感じられました。

恋人未来の方は元気に講義してたみたいなんで仁のやったことは本望(正解)だったんでしょうけど。

したがって以上のことから受けるドラマの印象としましては、人間はちっぽけなものでありただ翻弄されるのみ。だからといって悲嘆に暮れて未来を描き憂いてばかりでは駄目で、ただ毎日を懸命に生きるのみ。それによってこそ充足した人生を送ることが出来るんだというドラマのメッセージと受け取れましてでございます。まあ家に引き篭もっていないで外に出なさいということなんでせうか。

続きを読む "JIN・仁 その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*浜松弁なんていう言い方は知らんにい

 稀に「浜松弁」という検索ワードでお越し下さる方がおられるが

はっきしゆって「浜松弁」なんぞという言い回しはうちの近所ではしない。つうか知らんにい。東京の浜松町での話しってことならわし知らんくても当然だけど。

しぞーか県の浜松市に生まれ育っていっちょ前に長いが地元の衆でそういう言い方をする人聞いたことが無い。と言い切ってみたところで実際検索してみると「浜松弁」と謳ってるサイトがごろんごろんあるだいねなんかしらんけど。

でも私は言いたい、浜松で使われている方言は「遠州弁」であると。

で、「遠州」というのは実は尾張や三河・駿河のような国名ではない。国名ということなら「遠江」の国なのである。しかるに「遠江弁」という人は「浜松弁」と同じくらいいやそれ以上に皆無に近い。

どうして今は「遠江」より「遠州」が普段使いされているのは私にはよく分からないが、「遠州」という呼び名は古くから言われていたらしい。規模は比べ物にならないが古くは関東を坂東と呼称したのと同じようなものか。それと較べて浜松という地名は徳川家康がこの地を治めるようになってからといわれている。(余談だが静岡は明治になってからで大昔からではない。)

私は根拠が有って言ってる訳ではないが遠州弁は独自に変化発展したものではなくて古い日本語が変化が少なく済んで残ってる方言だと思っている。なので浜松と呼ばれるようになった時代頃に発生したみたいな印象を与える「浜松弁」というのは好きくないし浜松でしか使われていない狭い範囲の方言ではないという考えもある。

まあ感情論であり言葉の綾なんですけどとにかくそういうことで

だもんで「浜松弁」なんて知らんにい。

ただ、地域によってその言葉は微妙に異なり、会話にズレが生じたりすることがない訳ではない。新居雄踏言葉とか庄内言葉とか浜北言葉とか掛川言葉とか色々あることは事実である。

なのでそういった違いから「浜松ことば」という表現があるとしたならそれはアリだとは思う。

なので「浜松弁」はないが「浜松ことば」ならある。と思っておりますです。

そこんとこお間違いなきよう。遠州弁で言えば「そこんさあまちがわんでよを頼むにいホント」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »