« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »

*寒いの種類

さむい さんむい さみい さあむい さぶい さんぶい 冷える う~冷える

ちべた つべた つんめた ちゃぶい ちゃっぷい どさぶい どっさぶい くそさぶい 

くっちゃぶい ばかさむい がんこ冷える ど冷える さぶっ こおる しぬ

まあこれ以外にも「寒い」と伝える表現はあろうがきりがないのでこのへんで。この中でどれが共通語でどれが遠州独特なのかよく区別がつかないので思いついた限り列挙した。

「ひゃっこい」は寒いというより涼しいという夏場とかで使うニュアンスだと私は思っているので外しましたが、地域によっては「寒い」というニュアンスで使われるところもあるやもしれません。

「冬はぬくとい鍋で夏はひゃっこいそうめんがいいな」とかいった風に。

「ど」を使う場合は「さぶい」で「ばか」と「がんこ」を使う場合には「さむい」という言い方をする人が多勢という気がする。

浜松での寒さは風の寒さで、雪国のようなしんしんとした寒さはまず体感するようなことはない。なので厚着でというより風対策が防寒の基本であろう。

とにかく無音の静寂さの中でかじかみつつも背筋が伸びるような凛とした寒さではなく、やたらと屋根の軋みや窓打つ風の騒々しさの中での落ち着きの無い寒さなのである。そうそうはいないが寒さを「(風が)痛い」という表現をするポンポン乗りもいたりもする。

かじかむ、こごえる、いてつく とか言う表現は書き言葉で普段の会話ではあまり聞かない気がする。しばれる という他地方の方言もおちゃらけで使ったりするひともいるがまず使う地域ではない。

ただし、浜松といっても市町村合併でひたすら面積が広くなり山間部においてはこの限りではない。

暑いに関してはこれほどの言い表し方の量はない。

例文

「やあどっさぶいやあ。」

  (うわ~凄く寒いなあ。)

「今年一番だって。」

  (今年一番の冷え込みだってさ。)

「明日氷張ってたらわし来れんで休むでねえ。」

  (明日の朝道路凍結してたら来れないんでよろしく。)

「ばかいっちゃかん。這ってでも来んとかんにい。」

  (なに言ってるんだ。這ってでも来なきゃ駄目だよ。)

「冷たいじゃん。」

「だで一番の冷え込みだってゆってるじゃん。」

「いや、そおじゃなくて。」

以前にも書いたが浜松の平地近辺は朝氷が張ることはあるが雪が積もらない。もし雪が積もったら大抵のところは雪道の準備をしていないのでまあもろもろな事が停止して騒動になるだろうな。

| | コメント (0)
|

*おじいちゃんの呼び方の種類

特に遠州独特という言い方はないのだけれど、それぞれのニュアンスには地域差とかあるのかもと思って記載。おじいちゃんを挙げたがおばあちゃんに置き換えてもほぼ同じと思われる。

でも実のところ列挙してみたらほとんど共通語の使い方であったとさ。って感じですな。

じいじ

  「じいじあれ買って」 ほぼ身内の祖父に向かって言う表現。本人が孫とかに自分の事を告げる場合にも使われる。

じじい

  「あのじじい嘘ばっかこきゃがってえ」 この野郎という時とかに放つ表現。発言者及び対象者は親族他人に拘らない。

じいさま

  「あそこのじいさま昔ど怖かっただにい今あ丸いけど」 まずもって他人のおじいちゃんに向かって言う表現。多分に敬っている目上の印象を与える。逆に自分の身内に放つと他人行儀(ひな壇に置いたよう)な距離感という印象を与える。

じいちゃ(おじいちゃ)

  「今手え離せんでじいちゃに構って貰いな」 親しい距離という印象を与える。他人でも親しい間柄であれば使われる。

じいさ(おじいさ)

  「やあおじいさ、なにゆってるだあ」 他人に対して放つ表現。ボケかました相手とかにも使うので年齢に捉われない使い方をする。「お」をつければ多少は和らぐ。おばあちゃんが自分の連れ添いを指して言う場合もある。「ちゃ」と「さ」の違いは親密感が「ちゃ」の方が強い感じであろうか。

じじ

  「じじばばにゃこんくらいん丁度ええだあ」 個人を指すのではなく一般的にはという勢いでオタクだとかギャルだとかと同じような括った言い方。

おじじ・じい・じいちゃん(おじいちゃんは使うので別物)

  あまり普段使いでは聞かない印象がある。遠州ではそう使わないのかも。

例文

「おめえんとこのじいさまえらい羽振りんいいっつうじゃん。」

「孫にはの。うちのじいちゃ孫には甘すぎるだよ。『じいじ~』とか言って甘えりゃすぐ財布弛むでの。その分オレにくりょっつうだあなあ。」

「でもまあ最近のじじばばみんな元気だでなあ。もんりいしてくれるでその分助かるだらあ。」

  (でもあれだよ。最近のお年寄りは元気だからねえ。お守りしてくれる分助かってるんだろ。)

「まあの。でもくれ過ぎてわがままんならんか心配だよを。」

「大丈夫だよ。親に似るだで甘やかされんでも十分わがままになる素養はあるって。」

「おめえそれ喧嘩売ってるだ?」

「ホントのことじゃん。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

不毛地帯 その10

 なんか里井副社長(岸部さん)が出張るとまとまる話しもまとまらなくなるような雰囲気として話しが進んでるように感じられました。単純にとんびにあぶらげって事じゃないみたいですな。

このままじゃ諸々痛い目に遭うなと思っていたら里井副社長ゲロ吐いて具合が良くないみたい。

となると考えられる事は、性急に事を進めて社長への椅子取りに何が何でもと遮二無二突き進むか、最早これまでと突如丸くなって好々爺になるか。

米国に渡って壹岐(唐沢さん)達の目を丸くさせたところを見ると前者の方なんでしょうかねえ。そこまでされちゃあってなことで仏の顔も三度までだぞという道理で壹岐は大魔神と変身するんでしょうか。ここまで来たら排除以外に道は開けぬという勢いに映りました。社長に畏れながらと直訴したところでどうなるものでもなさそうで、他に策はあるんでしょうか。

最大の敵は外にではなく内にあり。果たして壹岐はどうやってそれを乗り越えるのかというのがとりあえずの見所なんでしょうか。

 再婚の話しはまあどうのこうの感想たれる事じゃないのでご当人同士で良く話し合ってという気にしかなり得ないところでありますが。壹岐の唯一の弁慶の泣き所が女性ということなんでしょうか。仕事の切れ味も若干鈍るようでありました。

そういう意味では弱い箇所をふたとこから突かれてる図柄と思えなくもなしで、これを乗り越えたら壹岐という人は向かうところ敵なしという事になるのでしょうか。

ホント頭も良くて胆力も備わっていて人脈も豊かで部下にも恵まれていて、女性にももてるんですから、これでも人生不幸だったなんて結末とかになってああ無情なんていうことにでもなったら見るべきものが見当たらないのじゃないかと思わないでもないところです。凡人には到達しえない領域での達成感・充実感とかを抱いていって欲しいところでありますな。

まあアホに生まれたほうが幸せに近いよというメッセージだということなら話しは別ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*だよ

「明日ちゃっと行って買うだよ。」という「だよ」の使い方は遠州弁か?違うよなあ。「買うんだよ」・「買うのだよ」の「ん」とか「の」抜きというだけの話しだよなあ。

でも「なあんか今日ヤル気せんだよ。」こう言うと訛ってるって言われるのか?微々たるもんだけど言われるよなあ。

だったら「母さんが夜なべをして・・・云々」の一節で

「せっせと編んだだよ」の「だよ」はなんだ?という話しになるではないかしらん。そりゃあ田舎の母さんだから方言言ってるってのはありうる話しであるが訳さなくても通じるもんじゃないなのか。それくらい広い範囲で使われている言い回しじゃないなのかと。まあ「だよ」がということではなくて「だだよ」というのが方言なんだろうけど。

でもまあ「だよ」と「だわ」は遠州では非常によく使われる表現で、それに「だあ」・「だよお」・「だわあ」も含めると、大袈裟ではあるが遠州弁の変遷で「づら・づらに」→「だら・だに」と来て次が「らあ・にい」と続き、その後くらいに「だあ・だよ・だわ」とかへと替わりかねない勢いの表現なのかもである。

まあ随分オーバーに言い過ぎましたですけど、頻度は間違いなく多いのでもう遠州弁というか癖と見なして記載だわ。

「だよ」を「づら」に替えても意味に変化なく成立する。「だわ」に置き換えてもニュアンスは微妙に異なってくるが成立はする。

共通語に直すとなにに相当するのだろ。「のさ」・「んだ」(買うんだ・しないんだ)とかになるのかな。色んなニュアンスに化けるので難しいところではあるだよ。

例文

「こっちんさあにこのパーツいごかいてみただよ。」

  (こっちにこのパーツを移動してみたんだ。)

「んで?」

  (それで?)

「そしたらなんでかしらんがいごかんくなっただよ。」

  (そうしたらどういう訳なのか動かなくなっちゃったのさ。)

「元戻すしかないの。」

  (元に戻すしかないねそれは。)

「でえ。元がどうなってただか忘れちゃっただよ。」

  (だけど戻そうにも元がどうなってたのか分からなくなっってしまった。)

「だで?」

  (だから?)

「つまり壊れただよ。」

  (つまり壊れたんだなこれが。)

「壊れたじゃないらあ。そりゃつんぶしたっつうだに普通わあ。」

  (壊れたんじゃないだろ潰しただろうそれは。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ありがとね

普段よく使われる「ありがとう」の言い方。男女共用。

もちろん改まっていう時には「ありがとう」であるが普段使いであるならば「ありがとね」が多く使われている。

「ありがとない」の使い手も希少ながら存在する。

あまり耳にしないのは「ありがとさん」・「ありがとよ」など。

例文

「ほい、奥さん。あんたこないだホントありがとね。美味しく頂戴したでねえ。で、これよかったらもらってくれんかねえ。」

  (奥さんこの間は本当に頂き物有り難うございました。とても美味しくいただきましたよ。それといってはなんですが良かったらこれを貰ってくださいな。)

「あれえ、そんなあ奥さん。そんな気い遣わんだっていいだにい。」  

  (いやそんなお気遣いされなくとも結構でしたのに。)

「そんなことゆわんで貰ってやあ・・・・・・」

以下暫く贈答・遠慮の押し問答が続く。

  

続きを読む "*ありがとね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*だかいねえ

「~だかいねえ」訳すと「~かしらん」・「~なのかなあ」。

基本女性言葉寄りの男女共用言葉。男だと「だかやあ」を使う方が少なからず多い目か。

「ねえ」とか「やあ」を外して「だか」だけだと「~なのか?」と語調が問い詰める感じが強くなる。

「だ」を外して「かいねえ」とすると「~とかなのかねえ」という訳が近いか。

例文

「これでやれってこんだかいねえ。」

  (これでやれっていう事なのかねえ。)

「さあどうだかいねえ。」

  (さあどうだろうねえ。)

「ちったあこっちにも気い遣ってくれる気いないだかいねえ。」

  (少しはこっちにも気遣ってくれる気とかないのかなあ。)

「ないんじゃない?」

「やりおせんくてもいいだかいやあ。」

  (出来なくてもいいのかなあ。)

「そりゃかんらあ。」

  (それはだめでしょう。)

「だらあ?じゃどうせすでえ。」

  (そうだろ。じゃあどうすりゃいいんだ?)

「ねえ。どうせりゃええだかいねえ。」

  (そうだよね。どうしたらいいのかねえ。)

「ホントこれでやっれてこんかいねえ。」

  (本当にこれでやれってことかなあ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京DOGS その9

 神野が仲村さんだと締まりますねえ。ピシッと。

やることが凄いスピーディーでいい様に警察が翻弄されてしまってこりゃ確かに強敵襲来って勢いに感じられます。

かといって奏(小栗さん)とマルオ((水嶋さん)がこりゃあおふざけしてる場合じゃないよなと一念発起してどマジになられたらドラマのテイストが変わっちゃうんでそれは勘弁なところではありますが。

まあ、奏はもうマジモードに陥っているみたいでギャグの冴えが鈍くなりつつありますが。マルオのボケに誰も突っ込まない辺りは結構私としてはツボなんでこれはこれでいいなあとも思えたりなんかして。

でもなんていうんでしょうねえ、ボケとツッコミというパターン全盛な昨今ではありますがツッコミという制止を排除してより連鎖反応を起こしてボケ続けることこそ楽しけれとぞ思うのでこういうパターンのギャグが受け入れられて欲しいよなあと。

なので奏とマルオのボケ倒しが冴えて欲しいのであります。

 お話しにつきましては由岐(吉高さん)の行動とかが話しをややこしくしてて大人しくしてればいいのにとつい思ってしまったりなんかして、どうも乗り切れない感じでありましたが。それもこれも来週一気に最終回で決着をつけんとすということらしいのでまあなるほどと思い直しました。今が不協和音等どん底であとは昇るだけということにしようとしてるのかなあと。由岐の行動は奏が狙われたということを知って我が身を差し出すつもりで自ら神野に止めて貰うよう交渉にでもしに行ったということなでしょうか。

それにしても策を巡らさず警備の警官を問答無用で黙らせて裏切り者を始末に来るというシーンはなんじゃこりゃあでしたな。大胆不敵というかなんというかびっくりでありましたルール守れよって。久方振りにドラマ観てて「想像外」を実感しました。

こりゃ由岐が止めてなんて懇願しても聞く訳ないよなと思えますわ。

こんな何するのか分からない難敵を倒すにはどうすればいいんでしょうねというのがホント想像がつきませんです。やっぱ鍵は由岐にありなんでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

*かたしなし

「片づけないで」・「片付けしないで」と言っている。

「やりなし」・「買いもしなし」といった「~しなし」という言い方の一例であるのだけれど、「片す」という言い方自体が古い言い方と化していて「かたしなし」だとなんか古文調のようにも映るかなと思えてもくる。男女共用の表現。

「ない」を「ん」によく変える遠州弁であるが(例「やらない」を「やらん」とか)「片す」の場合には「かたしんで」とかに変わる言い方はない。ただし「片付けないで」の場合には「かづけんで」と変わることはある。まあ「かたしないで」という言い方は無いのだが「かたさないで」を「かたさんで」という言い方があるので説得力のない説明ではあるが。

変形としては「かたしいん」・「かたしえん」(片付けられない)、「かたしおせん」(片付けきれない)などなどがある。

例文

「あれなによを。あいつかたしなし行っちゃっただ?」

  (あれ?あいつ片づけなしに行っちゃったのか。)

「なんか急に思い出いたみたいでちゃっととんでったにい。」

  (なんか急に思い出したみたいで慌てて出てったよ。)

「おっかさに頼まれた用でも思い出いただらあ。しっかしすんごい散らかりようだなあやあ。」

  (鬼嫁に頼まれた用事でも思い出したんだろう。それにしても凄い散らかり具合だなあ。)

「ま、いつものこんだで特に気にならんくなってきてるけどね。」

  (まあいつのもことだから気にならなくなってきてるけどね。)

「馴れはこわいのっ。わしまだ無理だわあ。こいつのやりなし・しなし・かたしなしの三拍子にはついてけんわあ。」

  (なれってのは怖いね。俺はまだそこまでいってないよ。こいつのやらないしない片付けないの三拍子にはついていけないよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

JIN・仁 その10

 最終回に向けての序章というか前段という勢いでしょうか、時計の針を早めた歪みといったものが描かれてられましたが、どことなく黙々と進んだ感じがしました。もちろん登場人物達は今までの中で一番葛藤して心の揺れ幅が大きい展開でありましたんで粛々でも淡々でもないんですが。

やはり困難を潜り抜け制約を飛び越えて人を助けないと観てて燃えないんでしょうかねえ。

もちろん矢を勢いよく放つためには十分引き絞らないと強く遠くに飛ばないものですから毎日の連続した日常の中で突如劇的なことが起こるというよりもそら行くぞというインパクトは大きいものになるのでしょうけど。受け身よりも攻め手という仁先生で描かれるんでしょうかね最終回は。

とにもかくにも最終回に向けて十分引き絞られたでしょうから来週乞うご期待ということで。全ての事は最終回にありということで、この回起きたことをああたらこうたら思い巡らしてもせんなきことでげしょうなあ。

最終回は85分だそうで。半端ないすなあ。はなからこういう構想で作られてたんでしょうか。好評につきのご褒美拡大とは思えない拡大の長さですから。

 それにしてもやけにアップの多い印象がありますな。今回に限らずかもしれませんが。まあ映画じゃないんだから当然だよかもしれないですが。タイマンのお芝居ばかりならいざ知らず、何人かの人物がその場に居るのだからその場の空気感を提示する上でも二人だけの世界に埋没してくという図柄は群像劇にあらずという証でもあるんでしょうかねえ。奥行きが無い感じがして勿体無い気分がしたりなんかして。どういう想いで二人の会話を聞いてるのかとかいう立ち姿を観てもみたい欲張りなもんで。

仁(大沢さん)が橘家から出てくのを見送るシーンでの母上(麻生さん)と恭太郎(小出さん)おいてけぼりみたいな仁と咲(綾瀬さん)のアップと切り返しの連続という画柄を観ててふとそう思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

文字化けメール

 私は@niftyメールを主としているのだけれど、ここのところ文字化けメールがやたらと増えた。よく来るエロいタイトルで騙そうとかいう類のものならいいんだけど、そうじゃない所からとかの連絡メールだったら厭だなあ。

なにしろ内容見ずに即座に削除してるもんで。

去年辺りは殆どなかったんですけどね文字化けメールなんてえのは。

文字化けしてなくともひっかけ金銭搾取目的のメールとかは自分のアドレスじゃあないものが着信してることもよくあるし。

なんか設定間違えたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*みんなして

「みんなで」・「よってたかって」・「一斉に・一緒に」とかいう意味。まあ特に方言という事もなかろうが使い場所に地域性があるかなと思って記載。

「みんなで」という意味合いで使う場合、「これみんなで食べて」というのを「これみんなして食べて」という風に使うのであるが

「一個しかないからこれみんなで使って」と共用・持ち回りとかを促すような場合には「これみんなして使って」というよりも「これ仲間して使って」ということの方が多い。

つまり分配できないようなものに対しては使われないということであろうか。

「よってたかって」という意味合いでの使い方の場合はこの限りではない。

「あれみんなしてどこいくよを。」

  (おや皆さん揃ってどこへ行かれるんですか。)

例文

「みんなしてやりゃすぐ済むらあ。」

  (皆でやれば直ぐ済むんじゃないの?)

「それがそうもいかんだよ。」

「なんでえ。」

  (どうしてだよ。)

「だってえ、みんな自分がやりよいようにやるもんではあくっちゃんくっちゃんでえ。」

  (だってねえ。皆自分勝手にやるからもう収拾がつかないんだ。)

「あたまはいんだけえ。」

  (リーダーはいないのか。)

「体がえらい奴ぁこらしょといるだあ、えらいいさんはいんだいね。」

  (体がえらい奴はごまんといるけどお偉いさんはいないんだよね。)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »