« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

アンタッチャブル その4

台本にあれば何を喋っても責任はないのか?

結構ザクっとくる言葉ですよねえ。役者さんに責任を求めるのはどうかとは思いますが。逆にむしろそういった制約・規制ばかりで遠まわしにしか表現できない今の作り方のほうがどうかとは思えますけどね。なにしろドラマで起きる予定調和の惨劇と現実に起きてる惨事とのギャップが大きくて、とても現実を映してるとは思えない気がしないでもないところです。

観てる途中でこの立てこもりの目的がテレビ報道の阻止であるとした闇の社会は怖いとこだなあと。しかしながら当日の生放送潰したからといってまた後日新たにっていう手もあるだろうにとちょっとつっこんでしまいました。まあ日時の猶予があるならなんとか手を廻して潰せる事が出来るんだろうなと思い直しましたが。

とりあえず軽薄な堕落したものを垂れ流してはいるけど闇とは繋がっていないということなんでしょうかテレビ局は。

しかしなんですなあ、見世物としてはこりゃ受けるだろうな実際こんな光景がテレビに映し出されたら。面白いといえば解放されてすぐのインタビューでいつから付き合ってるんですか?という質問には笑えたなあ。こんな時でもゴシップを気にする取材が行われるってのは。後、不適切だとお詫びをしたのにすぐ今でも間違ってはいないと発する辺りも嗤えたけど。まあこの有様は現実を写してるのかもしれないですけど。

脱出する際「話しが違うじゃないか。」という犯人。しかも格闘の末に死。

なんかお兄ちゃん(小澤さん)達が口封じに仕留めたと勘繰ってしまいますわいな。もちろん回を重ねる毎に怪しい人物が増えてく一方ですけど。いまのところ巨大なのは永倉(寺島さん)という人物と公安という組織に思えて。このどっちかなのかひとつに繋がっているのか全く登場していないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*おえん

漢字で書けば「負えん」。別に「負えぬ」とすれば方言でもなんでもないし意味使いも方言的なものではないのだが。

共通語だと「手に負えん」・「始末に負えん」・「責任を負えん」とかで使われる。遠州弁ではもっと幅広く使うということで記載。というか「~を負えぬ」というのをはしょって「おえん」だけで済ます傾向があるということ。

「やっちゃおえん」(やっちゃ駄目)

するなとストップをかけるのではなく、あなたじゃ無理・出来ない・資格がないとかの理由があるのだから手を出すんじゃないよと言っている省略形。はしょらず言うとなれば「あなたじゃやり負えないんだから手を出すんじゃないよ」と言う感じか。

「そりゃあおえんの」(それは手に余る話しだなあ)

自身が言えば「自分には無理だ」・「割に合わない」とか言う意味で、他人から言われたら「駄目だよ」・「損だよ」といったニュアンスになる。

実際生活していて紛らわしいのは「終えん」(終わらない)と混同しがちなこと。なまじっか意味が近いのでどっちを言いたいのか読み取れない場合がある。まあ大局で「やめたほうがいいよ」という捉え方でお茶を濁すことはできるが。

例文

「こんな勢いじゃああれだらあ。おえんにい。」

「なにがあ。わしじゃでけんっつうだか。」

「じゃなくてえ。やり方変えまいか。」

「なにがあ これじゃかんだけ。」

「行き当たりばったりじゃなくてさあ。ちゃんと図面引いてからにしまい。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年10月のコマーシャル

10月は録画した量が多かったですなあ。季節が変わると品変わるってか。

*BOSSの缶コーヒーの贅沢微糖の銭湯のコマーシャルが印象深いです。

本物の冨士のお山よ絶景なるかなから始まる本当の意味の贅沢満載で。金に飽かせてといったものではないことこそ本物の贅沢である訳で。地の利・極められたプロの技・雲上の人との袖すり合う距離。金で買えないものこそ本当の贅沢というか、金さえ積めば贅沢を極められる訳ではないというのが伝わってくるようでもあり。成り上がり感もないので好感度を持って心底本当に贅沢だなあと思えてくるコマーシャルでありました。

*ロッテのフィッツ

狼少年ケンのアレンジバージョンが目(耳)を惹いたこのコマーシャルが

今回のバージョンで地方のゆるキャラと呼ばれるマスコット着ぐるみとコラボして踊りもなんか印象に残ってとバージョンアップして現れた。

こいつぁ目を惹くコマーシャルだ。しかも全国巡れば47パターンが見られるということも考えられる訳で。つい全バージョン録画ゲットしてみたくなる衝動に駆られますなこりゃ。まあそういう予定があるかどうかは知りませんが。

なんでしょう健康的というか爽やかというか。手足の長い人が上手く丸めて絡まないように踊る姿が印象的でもあります。

*日本薬師堂のグルコンEX錠

ガイコツが肩いてえ腰いてえ膝いてえと嘆いてるだけの画づらだけなのに何故か記憶に残り耳に残る。この音楽は昭和の香りが漂うのだけれどじゃあどういう用途で使われた音楽っぽいのかとなると思い浮かばない。

画も音楽も決して斬新な要素は無いのに頭に残ります。刺激がないのに一度観たら忘れない。

なんとも不可思議ながらもインパクトのあるコマーシャルです。

*「香椎由宇」

ビールのコマーシャルとアジエンスとでのキャラの雰囲気の隔たりが愉快というか。固有のイメージに縛られない奔放さが面白いかなと。画的にも10月に観たCmの中で一番お奇麗だなとアジエンスでヨガしてるCm観て思えました。輝いてるという表現が適切なんかな。

*KDDI ECO就任

今やってるドラマアンタッチャブルの役とのギャップが凄いなあと。ドラマのほうではこいつを好きになる男がいたら見てみたいって感じのキャラ演じてられてるのでそれ観た後にこのコマーシャル見るとなんだかなあという役者さんの恐ろしさを感じます。当然ながらどちらが素に近いかなんて詮索は致しませんがそれにしても見た目と違って思ってた以上に幅の広い役者さんなんだと改めて思ったというか。これだけリラックス(普段っぽい)とお奇麗と思えるのにドラマや映画だとなんであんな気負われて奇麗さを相殺なさるんだろうと不思議ではありますな。

*NEXCO 東名集中工事のお知らせ

上戸彩さんが出演されてるコマーシャル。不思議なのは二種類存在してること。

二つの違いは背景が灰色と白のものと黄色と灰色。それと唄がつくつかないか。伝えるメッセージに違いはないのになんで二種類用意したのか。

謎であるということで印象に残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

遠州弁検定 思案中

私ごときのの知識ではおこがましい限りですし、遅きに失した感はありますが検定ブームの乗っかりとして自分も作ってみようかと。まあ実のところ中身は検定というよりおちゃらけクイズなんですけどね。

基本は昭和世代での男言葉の浜松ことばバージョンとします。答えに関しては全部ではないけど極力、全くのハズレ・当たらずといえども遠からずの結果オーライ・大正解という形での答えを用意してみたい。つまり0点5点10点みたいな採点方式で。既存の提供されているブログパーツという形で提示しようかとも思ったんですが正解か不正解しかないみたいなのでなんかそぐわないので今のところ考慮中です。

まあとにかく多分に不親切で独善的ですのであしからず。それにまず問題数もとりあえず多く作ってましなもの選びたいので完成品ではありません。

なお、まだ作りかけなので答えの提示はしてませんし採点もしません。出来上がったら新たなカテゴリーとして興しますが完成するまでは遠州弁かるたのカテゴリーに同居とします。& いちいち別記事で随時進捗状況書き殴っても容量の無駄なのでこの記事で随時書き上げていくこととしますのでしょっちゅう内容が変わります。

こうした方がいいとかのご意見等ございましたらコメントへ。参考にさせていただきます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

例題・仕事の相棒が凄く重い荷物をひとりで持ちあげようとしているのを見たあなた。

どう声をかけるのがまともか

 A・腰やるでやっちゃおれんて

 B・腰やるでやっちゃおえんて

 C・腰やるでやっちゃおおせんて

例題の回答 

A(腰を壊すからやってられない)意味は通るが、相棒を気遣っているのではなく仕事の批判・愚痴なので感心できない。

B(腰を壊すからやらない方がいい)注意しており、体を心配してるということでこれが正しいであろう。

C(腰を壊すからやりきることができない)言葉そのものがおかしい。「おおせん」は(数を)こなせないとかいうことでありこの場合のように~しきれないという使い方であるなら「持ちおおせんでやめな腰おやすにい」という方がしっくりくる。

従って得点は、A-5点・B-20点・C-0点

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

001・外回りから会社に戻ると皆なにやら慌しく仕事してる。どうしたと聞いてかえってきた答えが

「はあ だあだあ でえ」

これを訳したものは次のうちのどれ

 A・もうしっちゃかめっちゃか。

 B・もうウハウハなくらい順調。

 C・もう気合十分いつでもこいや。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

002・料理教室で助手を務めているあなた。先生から

「あっちんのまるさらもってきて。」と言われた。

意味が判らないあなた。さてどれが結果オーライ。

 A・なにはともあれ丸い皿のものを持っていこうとする。

 B・とりあえず全部のものを持っていこうとする。

 C・やはり聞こえた通りに熱い丸い皿に盛られたものを持っていくことにする。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°

003・「そりゃまたおとましいこんでえの」と近所の爺様に言われたあなた。とりあえず笑っておいたが

さてどう解釈すべきか。

 A・「それはまた音が増して五月蝿いことだね」と解釈した。

 B・「何度もおいとましたりで(出入りが激しくて)忙しいね」と解釈した。

 C・「それはそれは気の毒にねえ」と解釈した。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

004・剣道の道具を買いに来たあなた。付き添ってくれた先輩から

「こっちんしないにぃしない。」と言われたあなた。

さてどうするのがまともか。

 A・「こっちん(固い)しないにぃ(竹刀には)しない(しない事)」と解釈し、別のしなりの良さそうな竹刀を選んだ。

 B・「こっちんしない(こっちにはどうもない)にぃ(ので)しない(買うなよ)」と解釈し買わずに店を出た。

 C・「こっちん(こっちの)しないにぃ(竹刀に)しない(しなよ)」と解釈し言われた竹刀を無難に買った。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

005・思わぬところで浜松の知り合いに在った。知り合いが発した

「やあなによをおんしゃあなにやってるだあこんなとこでえ。えらいやっとかぶりじゃねえかあ。」

この言葉にどう反応するのがまともか。

A・喧嘩は買わないのでしらんぷりして通り過ぎる。

B・勢いに負けぬよう借りっぱなしなものはない筈だと告げる。

C・勢いに構わず久し振りの再会だねと挨拶する。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

006・グループの中で誰かが発表の役をすることになった。リーダー格にどうしようと聞くあなた。するとリーダーがこう言った。

「そりゃおめえがやるだあれ」

さてあなたはどう返すのがまともか。

 A・「それはお前が誰がやるか選べ」と解釈して「選べません」と答える。

 B・「もちろんお前がやるんだよ」と解釈して「勘弁してよ」と答える。

 C・「それお前がやるんだっけ」と解釈して「そんな筈はありません」と答える。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

007・依頼者からの話しを聞いて推理を構築するという名探偵のあなた。依頼者の話しの中で

「やい なぐりで ぶっさらうなやあ。傷んつくらあ。」

と言う人物がいたという。そこであなたはそうかこの人の職業はこれに違いないと判断した。

さて何の職業と思ったのか。

 A・ボクシングのトレーナー

 B・誘拐犯

 C・大工

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

008・硝子越しにこっちに向かって真剣に「でれれんでれれん でれれんよを ねえだいてやあ お~い~」と言って硝子をドンドンドンと叩いている人と目が合ったあなた。

さてどういう行動を取るべきか

 A・なんかリズム付けて歌ってるようなのでなんの歌か当てようと注視する。

 B・ついていけないので無視して通り過ぎる。

 C・自分ではどうしようもないので誰か呼びに行く。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

009・レストランのシェフをしているあなた。お客が呼んでいるというので行ったらこう言われた。

「やあ どんまいにい ほんとどんまかったやあ」

さてあなたはなんと言って返すか

 A・「もうとても美味しかったです本当に」と解釈し「嬉しいです」と応える。

 B・「おいドンマイだよ次こそホント頑張ってよ」と解釈し「努力します」と応える。

 C・「やあ弩不味いぞマジで」と解釈し「悪かったなあ」と応酬する。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

010・浜松駅についたあなた。目的地に行く道が分からず人に聞いた。するとその人が言うには

「そこんさあの道ちいっといって郵便局めえたら局んとこ右ん折れてきゃ あたあ一本道だでなんしょまっつぐいきゃいいだよ。」

さてあなたはどう答えるか

 A・郵便局でもう一度聞けばいいんですねと念を押した。

 B・郵便局が右に見えたならその道であってるのでその道をまっすぐ進めばいいんですねと確認した。

 C・郵便局のところの道を右に曲がればいいんですかと確認した。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

011・なんとかおおよその見当がついたが所要時間が分からない。するとその人が言うには

「歩いてくじゃがんこだにい。ポンポンとかで飛んできゃあっちゅう間だけえがの。なんで行くよを。

さてあなたはどう答えるか

 A・どうして会社に行くのか理由を説明した。

 B・山に登るみたいなきつい道なんですかと尋ねた。

 C・歩いていくつもりでいたが他に手段がないか尋ねた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

012・とある作業現場で勤労に勤しむあなた。先輩からこう指示を受けた。

「やい。これじゃ用ないで後ろんさあにあるまるまる奴持ってこいやあ。」

さてあなたはなにを持ってくるべきか

 A・丸めることが出来る物を持っていった。

 B・丸々としたふっくらした物を持っていった。

 C・まん丸の形をした物を持っていった。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

013・家族総出で家を出たあなたと家族。ふと女房が気づいたようにこう言った。

「あんた鍵かってきただ?」

さてあなたはなんと答える

 A・買って何に使うんだと尋ねた。

 B・オートロック(勝手に締まる)にはしてないだろと答えた。

 C・覚えがないと答えた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

014・昨日ちょっとしたことから喧嘩になった友達とあなた。一晩寝れば忘れるようなものだとたかをくくっていたが。今朝会ったらまだ引き摺っているようだった。挨拶はしてくれたけどイマイチ素っ気無い。

さてどう声をかけるのがいいと思うか

 A・「そんなぶすくれてんでもいいじゃん。」

 B・「そんなちんぷりかあってんでもいいじゃん。」

 C・「そんなあだけんでもいいじゃん。」

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

015・社員旅行で伊豆に行く事になりその幹事を任されたあなた。出欠を取っているととある社員がこう言った。

「いやあ、なんかいづようんないで遠慮しとくわあ。」

さてあなたはどう反応すべきか

 A・「伊豆に用はない」と判断し「場所は変えられん。」と答える。

 B・「(会社に)居る用があったけどキャンセルするよ。」と判断し「悪いのっ。」と感謝する。

 C・「いづらいから」と判断し「まああの面子じゃあな。」と同調する。

続きを読む "遠州弁検定 思案中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*なにがあ(憤慨調)

「が」の発音が鼻濁音であるならば「なにが?」という共通語と同じ「どうかしたの?」という意味合い及び「すっ呆け」の使い道であるが。

鼻濁音ではなくきっちり「が」と発音したならばその場合の意味は

「なんだよ文句あんのか?」又は「ごちゃごちゃ五月蝿い」というニュアンスになる。アクセントは当然「が」を強く言う。

つまり怒ってるモードに突入してるというアピールであり受け手は警戒を怠ってはならないことになる。

また。この表現を逆手にとって「なんちゃってむかついてるぞ」パターンとして使うこともある。つまり「嬉しかない」とか言いながら内心は「嬉しい」みたいな。照れ隠しとか図星な時とか。

まあこれらの言い方が遠州独特かどうかは定かではないが。鼻濁音のあるなしをしょっちゅう使い分けてることは確かである。

例文「が」のはっきしバージョン

「そこんさあ いれこになっちゃいんかあ?だで閉まらんだらあ。」

  (そこあべこべになってないか?だから閉まらないんだろう。)

「なにがあ。わしん やりよい ように やってるだで いいじゃん別にい。」

  (なんだよ文句あんのか。俺のやり易いようにやってるんだから構うな。)

「そんなむきんならんだっていいじゃん。気になったもんでゆっただけだで。」

  (そんなむきにならなくたっていいだろ。気になったから言ったまでだから。)

「いらんこんだで口はさむなやあ。」

  (余計なお世話なんだから口をはさむなよ。)

「おおそうけ。そんじゃ なんかあってもわし知らんでねえ。」

  (ああそうかい。それじゃあなんかあっても俺は知らないからね。)

例文「が」が鼻濁音のバージョン

「そこんさあ いれこになっちゃいんかあ?だで閉まらんだらあ。」

「なにがあ?わしん やりよい ように やってるだで いいじゃん別にい。」

  (なんか変?自分のやり易いようにやってるだけで別に構わないでしょ。)

「なにがあじゃねえよ。そんな自分勝手なやりようしとるとヘボこくにい。」

  (なんですかじゃないよ。そんな自分流でやってるとミスするぞ。)

例文 本心隠しの場合

「え~なによを100点けえ。いいなあやあ。」

「なにがあ。たまたまだよ。」

「陰でがんこ勉強してるだらあ。」

「人のことゆえもしん あんただって悪かないじゃん。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

不毛地帯 その4

 何がなんだかどこがどうしてどういう理屈の段取りで機種選定に勝利したのか疾風の如き迅速さもあってまったく分かりませんでありました。

機密漏えいの警察沙汰とて結局薬局実行者以外無罪放免みたいな感じにも思え。政治家さんが絡むとこうも訳の分からん道理で事が終息するのかあと。凡庸にしか生きれないような根性無しにはついていけない世界でありますなあ。

商売としては勝利を収めたけど多大な犠牲を強いてのものはまさに「屍を越えてゆけ」って感じでしんどいものですなあ。こういうのが泥水を呑むって奴でしょうか。私なんか西洋の硬水でもいとも容易く腹を壊すくらいやわなんでとても呑めませんですわ。

見事成果を上げた報奨として希望を言えなんでも望み通りにと言われて「辞めさせて戴きます」というのでああこの人も血の通う人間だったんだと初めて知った感じでありました。

あんだけ阿漕なイメージを視聴者に植えつけた貝塚(段田さん)が結局はその地位に居座り続けてるというのもなんだかなあという無情感を増しますであります。

でも対峙する東京商事が鮫島一人孤軍奮闘という勢いに較べ近畿商事の方は一兵卒から社長までと多勢に無勢という気がしないでもなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギネ・産婦人科のおんなたち その4

 生誕という未来を創造する現場が凄惨な状況に一変しそれを如何に清算せんと欲するも成算の見込みなくもひたすら格闘してるいくさ場か。

それにしてもひたすらやりきれなく切ない展開でありました。気丈に振舞う旦那さん(八嶋さん)の姿が逆に悲哀を誘うというか、余計に辛い光景でありました。娘役の子役の方の泣き叫ぶ様も迫力ありましたし。心配そうに様子を伺う野次馬の姿もやけにリアルでしたし。

なによりも血しぶきの中で懸命にレスキューする慌しさとその後の無常感漂う沈黙の寒暖の差がそれはまあ激しくて空虚感が如実に漂っていましたです。人の生き死にに軽率な感想を述べるのは不謹慎ですのでこの状況を観てどう思ったかとかは書きませんが。病院を後にする際の頭を下げる時それぞれどんな思いでこうべを垂れていたんでしょうか。

全力奮闘虚しくも力及ばず棺に入って病院を後にする患者さん(西田さん)。それをお見送りする場に柊(藤原さん)が来ない。そこまで落ち込むのはなんで?という疑問を抱きつつもその答えを見せずしてどんどん誰が見ても異様な状態に陥っていく柊先生。

母体優先がどうのこうのとか院内感染がああたらこうたらとかいう色んな決まりごとは私にはよく分かりませんが、少なくとも落ち度があった訳じゃあないという事らしいのにあの果てしなく忘却の彼方に追いやろうとする程の悔恨の情はなんでなんでしょう。

全幅の信頼を得たにも拘らずそれに応える事が出来なかった自責の念なんでしょうかねえ。

まあとにかく藤原さんの狂気一歩手前の様相は迫力ありました。どうなっちゃうんでしょうねえ柊先生。

 基本こういうしんどいのは得意としない私ですが、このドラマはドキドキしながら観れています。その理由はおそらく真摯であり誠実と善人の集団だからでしょうか。悪意も欲望も感情論も存在していないから頑張ろうという気になるのでしょうか。例外的に柊先生は感情入ってますけどまあ激しいなんらかの強迫観念に近いような思い込みのせいでしょうからギリギリ許容範囲内ってことで。

そういう意識なので旦那さんがなにかに煽られてもしも病院側と対立するようになったとしたら一気に引いちゃうかもしれないですけど。そうならない事を祈るのみですな。

続きを読む "ギネ・産婦人科のおんなたち その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*いけしゃあしゃあとよくもまああんたそんなことゆえたもんだねえ感心するわあほんと呆れてものもいえん

「いけしゃあしゃあと よくもまあ あんたそんなこと ゆえたもんだねえ 感心するわあ ほんと 呆れて ものもいえん。」

非常に長い言い回しだが多少のはしょりや言葉のの並び替えはあってもこれがひとつのパターンとして定着している。はしょりの一例としては「いけしゃあしゃあとよをゆうわあ」とかになる。「ゆえた」を「ゆえる」とする場合もある。他には「ゆえた義理じゃないらあ」とかがある。

長々と何を言ってるかといえば要は「あんたはなんて図々しいんだ」と言ってる。

もちろん非難してるよりも非常識にも程があるということに要旨がいっているのであるが、ほとほと呆れるといった表現をしているが実は内心必死で怒りを抑えてる状態もしくはすでに見放されていると思ったほうが無難である。ポイントとなるのは「いけしゃあしゃあ」。共通語なので説明は省くがこれで好意的ではないことを示している。

こう言われてもまだなんかぐずぐず言おうものなら見捨てられるか「勝手にしな」とか「ついてけんわあ」とか言われて去られることになる。つまり決裂するということである。まあこの発言が出たのではもう好感度信頼度ゼロになっていて手の施しようは誰かが間に入って「まあまあそをいわすとを・・」とかでないと治まりはつかないが。

例文

「わしこっちやるであんた あっちやって。」

「なにゆってるよを。きんのうもそうだったじゃん。なんで自分ばっか楽しようとするよを。」

「なにがあ。いいじゃん別にい あんたの方がいい給料貰ってるだで。」

「いけしゃあしゃあと よくもまあ あんたそんなこと ゆえるもんだねえ 感心するわあ ほんと 呆れて ものもいえんにい。あんたさあ わしん給料いいじゃなくてあんたがさぼってばっかいるもんで下げられたじゃんかあ。自分悪い癖になにゆってるよを。」

「だではあヤル気ないだで。あんたは給料分働きゃいいだけのこんじゃん。」

「そんな嫌なら辞めりゃいいじゃん。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

唐招提寺1200年の謎・天平を駆けぬけた男と女たち

 歴史探索は嫌いじゃないのでどちらかというとそちらの方にそそられて番組を観たのですが。いつの間にかドラマのほうにぐいぐいと惹き込まれていってしまいました。(尚、急いで見直しせず書いたので多少意味不明・誤った言葉などを使ってるやもしれませんが勘弁してくんなまし。)見入ってしまってホントあっという間でありました。

とにもかくにも鑑真和上のお姿に涙が出てきてしまいました。全身これ光明というか。その生き様に感銘を受けました。学校の歴史で習っただけのような浅い知識では和上の徳の高さというものは推し量れないものですなあ。もちろん中村嘉葎雄さんの演技力によるものでありますが。和上の凄さは私欲・物欲一切合切の欲が微塵もないことで、その清廉な姿が観ていて心洗われるんでしょうか。ただ単に色んなものを伝来した人ということでは済まないんだというのを知りました。

それと日本人が昔っからブランド好きだというのがなんとなく分かりました。わざわざ連れてこなくとも日本人を中国で修行させて帰国して仕事させれば要件としては済む事じゃないのかとつい思っちゃいますもんね。それじゃ納得しないってのは根っからの一流の完成品を好む民族なんだ大和民族は。今も昔も日本以外の箔がつかなきゃ認めないってのは。

しかも用が済んだら後放置ってのもいくら後ろ盾が政変に巻き込まれたからといっても随分な話しだよなあと。その後の光明を失った弟子達の苦難の方がもっと大変だったろうにとホントそう思えますわ。そんな状況でも無事お寺を建立できたんですから弟子もまた優れた僧侶であられたんでしょうねえ。

もちろんいきなり外国から来て大きい顔されるってのも納得いかんってのも分かりますけど。ついてるついてないって話しでいったら洒落にならない苦難の道をあえて進んでることになるんですが。そういうことで動いていないとこが眩しいですな凡人には。

政治とは関わりを求めず修行に励むが教えということで数々の騒乱が起きても一線を引いたおかげで焼ける事無く天平の姿を守ってきたって最後述べられてましたけど、仏師が身を律し修行を重ね仏像に魂を込めるのと同じように如法も魂(鑑真和上の教え)をお寺に宿したことによってその加護があってのことなんじゃないのかとすら勘繰ってしまいました。

秀でた実績を残し名を成した人物を観るのも勇気が湧いたりして乙なものですが聖人の境地に到達した人物を観るってのも心が洗われてやっぱいいもんですなあ。熱い漢もいいけど篤い男もいいってか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*いいとこ

「いいとこの家」だとお金持ちの家とか格式の高い家などという上流を表わす意味合いとなる。善い人が住んでいる家とか立地条件が良い家とかいうことではない。持たざる者が持つ者を指して発するひがみも混じった言葉。したがって金持ちが「自分はいいとこの家に住んでる」なんてことは言わないし言ったら自慢してやがると思われてはぶせにされる。

「いいとこまんじゅう」だと秘密・内緒・教えないとかいう意味合いで使われる。

これから想像されるのは、「いいとこ」ってのは手の届かない憧憬のような場所とかいうことになるのであろうか。そして殆ど諦めてる憧憬でいつかなろうぞ辿り着こうぞとかいう向上心はさらさらない勢いがある。

では共通語の「いいとこ」ってどういう意味なのか。

「いいとこどり」これだと「良い所」

「誤解もいいとこ」これだと「にも程がある」

まあ「良い所」がほぼ遠州弁と同じか。(勿論共通語的意味も使ってる)

例文

「○○は、がさつだねえ。まあちっと行儀っつうのを知らんとを。」

  (あいつはがさつだねえ。もう少し行儀とかちゃんとすべきだろ。)

「あれであいつんおっかさはいいとこの出らしいに。」

  (ああ見えてあいつの母親は良家の出身らしいよ。)

「ほんとにい?なんにも教えちゃいんだかいやあ。」

  (本当かよ。何も教えてはいないのかなあ。)

「だらあなあ。ほとんど野生児だもんな。」

  (でしょうねえ。ほとんど野性児みたいなものだからね。)

| | コメント (0)
|

東京DOGS その3

 「うちはヘルパーはやってませんよ」には嗤えたなあ。こんな状況でかましてくるとは油断してたあ。冗談通じない相手(奏)にギャグかましてもツッコミもなにもないのに。だけど嗤えるんですわなあこれが。

 堀川(勝地さん)がもっと絡んでくれればより面白くなるんじゃないのかと思えるのですが控えめでちょっと物足りない気がしないでもないです。

感情に流されやすいマルオ(水嶋さん)と状況に流されやすい堀川と何事にも流されない朴念仁の奏(小栗さん)の絶妙なハーモニーを愉しんでみたいです。

 ギャグ(笑い)で言えば諸々とあって面白い回でありました。順不同で気づいたとこを。

 マルオがアリバイ確認の電話待ちするというシーンで、じゃあ皆待とうということになったらホントに皆手を休めて椅子で待機してマルオを見つめてる。仕事しろよとマルオならず観ている方もそう思えました。

 終わり頃の奏が赤ちゃんをあやしていたらお客さんが来てマルオに目配せする表情。何が面白いのかよく説明できないけどとにかく笑っちゃいました。

 アジフライ定食に拘る奏のくそ真面目さと意外なところでの妥協案。しかも一段落したらしっかり食して美味しそうにしてる。

 象は絵を描く。何描くんだ。自画象だ。駄洒落じゃん。しかもこんな時に。

お約束のお母さんからの間の悪い電話。と、なんでいつもお前が居るんだという微妙な空気の中の家族の団欒。マルオの由岐(吉高さん)へのちょっかい。今回舞島(大塚さん)のイエスウーマンネタはあったっけ?

 まあとにかく楽しいということではこの回もノッてましたなあ。キャラがホント活きてる感じがしますです。

続きを読む "東京DOGS その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*とこでなんか

「ところなんかで」という意味。共通語だと「とこなんかで」となるのだろうが、微妙に配列が入れ替わってるのが遠州弁っぽい感じがしてくる。のは気のせいか。

古い表現っぽい「~とこでなぞ」・「~とこでなど」の形を少し変えた生き残りみたいな表現か。男女共用の言葉。

例文

「やあ書類踏んづけるなやあ。」

  (お~い書類踏まないでくれよ。)

「こんなせまいとこでなんか 店広げるもんでえ。だでかんだよ。」

  (こんな狭いところなんかで作業するから邪魔臭いんだよ。)

「なんでよ。気いつけてくれりゃあ済むこんじゃん。」

  (なんでだよ。気をつけてくれればいいことじゃないか。)

「だいたいなあ。こかあおめえ通路だにい。机行ってやれやあ。」

  (そもそも此処は通路だぞ。作業するなら机の上でしろよ。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

JIN・仁 その4

 そう言えば、前回ころり発生となるや江戸の町は閑古鳥が啼くどころか人っ子一人歩くっていない光景状態になってたけど、実際なんかあったりするとああいう状況になったのだろうか。

今なんか電車が停まろうが台風が直撃しようがインフルエンザが蔓延しようが学校や会社に行こうとかする人が必ずいるけれど。これって不可抗力でやろうとしてることが妨害されると、物事がうまくいかずに破綻してしまうのではという恐怖感脅迫感を抱いて生きてるのが現代人の性ということなのかな。もちろんそれ(不可抗力)を理由としては許さない社会になってるてことが理由だろうけど。「しょうがない」の範囲がおそろしく狭まっているんだろうな今は。

ところで前回まで消毒に度の強い焼酎を所望してたけど、最近お酢に殺菌作用があって台所周りや手洗いにも有用だという話しをテレビで謳ってた。消毒液はお酢じゃあ駄目なんですかねえ仁先生。

でもなんか今回「ええてる」なるものをば使用致したところを推察するにこの時代にても製造なったという事にてそういうことを最早心配せずもよくなったんでしょうか。それともまだ未来から持ってきた貴重な残りだったんでしょうか。まあよく分かりません。

この回の落ち着きたる日常風景にて、当代の医者に講義したる様描かれしを観て。その際「脚気」(かっけ)の根源とその対処を伝授されておられましたが。

脚気がこの時代に解明されていたならば、日露戦争において陸軍が「脚気」に大いに悩まされて相当往生こいたというのを「坂の上の雲」で読んだ様な記憶がありまして。些細なことではなくその後の歴史に大きな変化をもたらしたんじゃなかろうかとふと思ってしまいました。写真という歴史変化のバロメーターに変化はありませんでしたからドラマ上では些細な事として扱われていたようでした。

で、本編の方に話し戻しますが、印象としてはどちらかというと花魁・野風(中谷さん)が主に描かれていた風に感じました。というのもようやっと野風って何者ってのが語られたんで。前回までちろちろ出てくる割には何をするでもなく存在だけが提示されていたんで謎だらけという期待持たせの部分が強かっただけに誰なんだという興味がようやく満たされたという勢いでありんした。その過去は案の定平坦なものではなく辛い過去の礎の下によって今があるというものでその意気を支えてくれた店の主人を父と慕うかのような想いというのもよく伝わってきました。陰と栄光が紙一重で共存する精進一筋の世界においての心の支えは何物にも変えがたいものなんでしょうね。

もちろん南方先生(大沢さん)の「しゅずつ」のシーンもハラハラしましたですよ。一発目の南無三の時にはどうすんだ?とホント一緒になってがっくりしてしまいましたもの。二発目で無事患部に到達した時は共にほっと胸をなでおろしましたですわ。なにしろ龍馬(内野さん)は安心しきってるし野風は自分の将来を賭しての約定が南方先生の肩にずしりと覆いかぶさっていましたからその重圧感がひしひしと伝わってきてドキドキして観てましたです。

それにしても花魁に声掛けられるなんて相当なもんですよねえ。ホント多少聞きかじった程度ですけど花魁といったら当時における最高の文化的教養を持つ女性という位置づけされてて金さえ出せば済むようなものじゃなかったと記憶してるだけにハンパないことっすよマジで。較べる例えが変だけど今で言えば超有名な女性芸能人とタメで話せるようなもんでしょうに。羨ましい限りですな。

主人の「しゅずつ」は無事成功し花魁・野風の信頼も得、咲(綾瀬さん)の焼き餅の誤解も解けてまずは晴れやかという気分で尚且つ未来変化のバロメーターにも良い方に変化があったみたいでありましたがそうは問屋が卸さず最後なんかが起こるような

「これは!」の驚愕でで次回に続く。なんだろと思ったら予告編で梅の花とかぺにしりんとかいう声が聞こえてきて「なんだ?」の謎が消えたような気が。思った通りならもしかして自作自演のぶちこわし?

でも、吉原の通りにさも怪しげに出現してた(あっという間に消えたけど)男が気になるし、恭太郎(小出さん)の目にとまった遊女可愛かったなあ。後々なんかあるのかな。野風と関わると仁にとって良い方向に向かうのかなとか色々興味が残ってますんでこういう方が素広平太より重要なイベントということなんでしょうね。

続きを読む "JIN・仁 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*にい

「そんな温めなくてもいいよ」を遠州弁に直すと

「あんたさあそんなぬくとめんでいいにい」(注、にい にアクセント)

この場合の「にい」の言い方でニュアンスが微妙に異なる。「いいにい」を例にすると

1・「いい」よりも「に」と「い」を両方強く言う場合は強制力が強くなる。つまり断定か命令形に近くなる。

2・「いい」を強く言って「にい」を尻すぼみ的に言う場合は助言した感が増す。こうした方がいいよという感じ。

これに「だ」を足して「だにい」にした方が判り易いか。

1の場合「いいだにい」は「いいんだから」と置き換え

2の「いいだにい」は「いいのに」と置き換えられる

このように書き文字だけだとどちらか判断がつかないことが多い。

いつか音声付で説明するよう進化したいものだ。

判り易いかどうかはあれだが、沖縄かどこかの言い方でお兄ちゃんの事を「にいにい」というそうな。正しいイントネーションは知らないので映画「涙そうそう」で発せられていた言い回しで話しを進めると、始めの「にい」をAとして次に続く「にい」をBとすると、先に説明した「1のにい」はA、「2のにい」はBのイントネーションとほぼ同じである。

例文

「夫婦喧嘩はガチンコでやった方がいいだにい。

  (夫婦喧嘩はガチンコでやった方がいいんだよ。){1のにい}

  (夫婦喧嘩はガチンコでやった方がいいのに。){2のにい}

「他人事だと思ってえ。ぼこぼこにされたらどうしてくれるよを。」

  (他人事だと思って随分な。徹底的に打ちのめされたらどうしてくれるんだ?)

「ぼんろぼろんなったら うち きない。ほとぼり醒めるまで泊めたるにい。」

  (ぼろぼろになったら家に来な。落ち着くまで泊めてやるよ。){1のにい}

  (ぼろぼろになったら家に来なよ。落ち着くまで泊めてあげてもいいんだから。){2のにい}

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とりとめもない話し 部落

海外の漢字を使う国でのブログにお邪魔するとブログのタイトルによく使われている言葉のような気がするのが

「部落」

日本では禁じ手に近い言葉である。

それがででんと謳われてるとホントドキッとしてしまう。

西洋ほどに全く異なるのはそういうもんだと因果を含むしかなく新たに覚えるという意識でいいのだろうけど。

似通ったものが異なるというのは複雑だ。

多分日本語同士でも方言においてそういったのと同じ感覚が使わない人からしてみればあるのかもしれない。

でも言葉自体好きで忌み語になってる訳じゃないだろうから、明るい使い方の方を尊重するべきなんだろうな。

「部落」という言葉は日本では不遇をかこっているけれど違う国では普通に暮らしていることを喜ばしく思うべきか。

日本では「土人」とかもそうだけど「部落」もいつのまにか最初使ってた頃と言葉の意味と使い方が変わってしまうことによって消えてしまうんだろうか。もちろんその背景にある差別はあってはならないものであり失くすことに努力することは当然である。そういう背景を取り去らない限りは単純に言葉として復活させようにも非常識に音頭とったらその人は非難されるだろうから無理なのかもなあ。まあ海外の使い方が輸入されるくらいしかないのかも。

村落・集落・群落などなどはいいけどこれだけはどうもというのはなんだかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

敵もさるもの引っ掻くもの

あくまで言葉遊びです。冗句です。

敵もさるもの。(たいしたもんだと感心)

それに、さるを猿とかけて引っ掻くものとつけた言葉遊びの言葉であろうが、何時頃から言い始めたんだろうと思いつつも

「敵猛者るも必っ勝つもの」

 意味

相手が幾ら強かろうとも必ず勝つんだもの。大丈夫だよと言っている。現実的な話と言うよりも映画やドラマの世界のお話し。

「敵も去るもの引っ越すもの」

 意味

まあ相手も生身の人間だよということ。

| | コメント (0)
|

将を射んとすればまず馬を射よ

あくまで言葉遊びです。冗句です。

動物愛護の精神から言っても、弱きを助け強気をくじく任侠の精神から言っても、非道な話しである。そこでもっと良い物言いはないかと考えたが「勝てば官軍」みたいなえげつなかろうと結果オーライ的なものしか思い浮かばなかったので冗句に走ります。

「ショーを観んとすればまず券を買えよ」

意味

素人が試写会とかでタダ観しといてああだこうだ講釈垂れるのはどうかというお話し。やはり競馬とかでも出資してこそ真剣度が異なるものであり懐の傷まないところから傷(痛み)を感じないような奴の詰まらんとかの批判は説得力あるんだろうかという疑問。入場料をきちんと払った上で「金返せ・時間損した」(詰まらん・期待はずれ)とかの方が説得力があろう。道義的にも招待されといてぶー垂れるのはどうかという感じもするし。お呼ばれされたんならいいとこを見つける努力に励むべきであろう。少なくとも完成されていて修正や改善は無理なんだから。

「将とINすれば、まず馬追いよ」

意味

自分じゃ絶対入れないような高級なところに偉いさんが連れて行ってくれたとしても結局は小間使いと気遣いで使われるだけで楽しくはないと言うお話し。

| | コメント (0)
|

あたら若い身空で

惜しいことに若い身の上で

「あたら」と「身空」がもう死語なんだろうなと。オヤジ世代の自分でさえこのフレーズでしか使いようがイメージ出来ないのだから死語というより古語の部類か。

「あたら」にはもったいない・せっかくのというニュアンスが含まれているそうで

「あたら命を無駄にするな」(せっかくの命を無駄にするな)

とかいう使い方をするのであろうか。

「身空」は境遇という意味らしい。

じゃあ「あたら金持ちの身空で貧乏くさいことするな」とか言う使い方はあるのだろうか。なんか変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初心忘るべからず

あくまで言葉遊びです。冗句です。

「小心忘るべからず」

 意味

慢心こそが大敵。事を為すには不安や緊張といったものを抱えているくらいの方がよい。

「精進忘るべからず」

 意味

恒に勉強勉強向上心。

「祖神忘るべからず」

 意味

ご先祖様を大切に。

「虚心忘るべからず」

 意味

先入感や偏見をもたずありのままを素直に受け入れる気持ちをわすれないこと。

「巨人忘るべからず」

 意味

野球界においてはなにをするにも巨人の動向意向を無視できないよというお話し。

「諸事忘るべからず」

 意味

色々と忘れないように。

「初心は するべからず」

 意味

素人がいっちょ前にやれると思ってやっても失敗するんだから始めは先輩の仕事をよく見とけということ。

「キョンシー忘るべからず」

 意味

そういえばそういうのあったな。

本当の「初心忘るべからず」は

始めの頃の謙虚や真摯な気持ちを忘れないように・始めた志を忘れて違う方向に進んでいかないように といった意味。出典は世阿弥の「花鏡」の中の言葉から生まれたとなにかに書いてあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*もちいく

「持ちに行く」共通語に訳すと「取りに行く」。男女共用の表現。

当たり前すぎて遠州弁とは気づかなんだが、どうも方言らしい。

しかし「取りに行く」は「とりいく」と言うから「もちいく」を「取りに行く」と訳すのはなんかざらつきを感じるんだけど「取ってくる」という訳の方が違和感少ないかなあ。でもやはり「持ちに行く」という言い方自体本当に方言なんだろうか。どうも信じ難いがまあ一応遠州弁として記載。

屁理屈で考えると「持ちに行く」だから「もちいいく」であろうが

実際声に出る時は「もちいく」となる。

例文 

「やいやい財布持ってくるの忘れちゃってえ。」

  (しまったあ。財布忘れたあ。)

「いいよわし持ち行くで行かんでも。先い行って。」

  (戻らんでも俺が取りに戻るから先に行きな。)

「置いてある場所分かるう?」

  (どこに忘れて置いたのか分かる?)

「多分タンスんとこだら。入りゃせんつってズボンと格闘してたでえ。そっちんほうに気いいってて忘れかあっただらあ。」

  (タンスのとこじゃないの?無理矢理ズボンはくのに神経集中しすぎて財布の事すっかり忘れたんだろ。)

「いらんこんじゃん。」

  (余計なお世話でしょ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*なぜる

「なでる」(撫でる)と「なぞる」(なぞる)の二通り考えられる「なぜる」。広範囲で使われる表現で特に遠州弁ということではないのだが遠州でも使われるということで。男女共用の言葉。

「撫でる」と「撫ぜる」は地域によって分かれる表現でどちらも辞書に記載されているのでどちらも共通語なのであろう。遠州では実際のところどっちも使うという人それぞれ状態なのであるが「頭なぜる」・「逆なぜ」というと訛ってると感じるのでおそらく「なでる」が正しいという判断が働く地域ではなかろうか。

もうひとつの意味使いの「なぞる」であるが、「線をなぞって」というのを「線をなぜって」とかいう言い方をする地域は「撫ぜる」に較べたら狭まるみたいであるようだし、こちらは辞書には記載されていないので方言という部類に属するのかもしれない。ただその使用地域の範囲がどれくらいなのかは分からない。

例文

「おっかしいなあ。着きゃせんじゃん。」

  (変だなあ。着かないじゃないか。)

「お~い頼むにい。」

  (お~い勘弁してくれよ。)

「ちゃんと地図なぜって来ただにやあ。」

  (ちゃんと地図なぞって来たのになあ。)

「ほんとけえ。どれ、かしょう。・・・っておめえどぶるい地図みてんじゃねえよ。何年前のだこれえ。こんなんじゃおめえ着けれすかあ。」

  (ほんとかよ、どれ貸してみな。・・・ってお前何年前の地図だよこれ。こんな古い地図見て着けるかよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »