« とてもとても2009 | トップページ | 容疑者Xの献身 »

*はあいいらあ

「もういいでしょう」と言っている。

例文

「まだ3分たっちゃいんにい。」

  (まだ3分経ってないよ。)

「湯ぅちんちんの入れただでちっとばか早くたってはあいいらあ。」

  (沸騰気味の熱湯入れたんだから少し早めでももう食べれるだろう。)

多分に感覚的であり想像予想で物を言っている感じである。

これだけで記事が終わるのもなんか味気ないので、これを言い回しを代えて色んなバージョンを列挙してみる。するとこらしょとある。

「はあいいにい」(もういいよ)

「はあいいだあ」(もういいんだ)

「はあいいけえ」(もういいかい?)

「はあいいだけえ」(もういいのかい?)

「はあいいもん」(もういいよ)

「はあいいじゃん」(もういいじゃないか)

「はあいいの」(もういいの?)

「はあいいわ」(今更もういいよ)

「はあいいだか」(もういいのか?)

「はあいいだん」(もういいんだけど)

「はあいいだな」(もういいんだな?)

「はあいいだに」(もういいのに)

「はあいいたあ」(もういいとは)

「はあいいでえ」(もういいので)

「はあいいだら」(もういいんだろう)

「はあいいだもんで」(もういいんだから)

「はあいいだで」(もういいから)

「はあいいっけ」(もういいんだっけ)

「はあいいっけか」(もうよかったんだっけ)

きりがないのでこの辺で。もちろん全てが最初の例文での「はあいいらあ」に置き換えることは無理があり、それらに対して新たに例文と説明全部つけてたら今度は長大な記事になってしまうな。

|
|

« とてもとても2009 | トップページ | 容疑者Xの献身 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47075521

この記事へのトラックバック一覧です: *はあいいらあ:

« とてもとても2009 | トップページ | 容疑者Xの献身 »