« 不毛地帯 その10 | トップページ | *寒いの種類 »

*おじいちゃんの呼び方の種類

特に遠州独特という言い方はないのだけれど、それぞれのニュアンスには地域差とかあるのかもと思って記載。おじいちゃんを挙げたがおばあちゃんに置き換えてもほぼ同じと思われる。

でも実のところ列挙してみたらほとんど共通語の使い方であったとさ。って感じですな。

じいじ

  「じいじあれ買って」 ほぼ身内の祖父に向かって言う表現。本人が孫とかに自分の事を告げる場合にも使われる。

じじい

  「あのじじい嘘ばっかこきゃがってえ」 この野郎という時とかに放つ表現。発言者及び対象者は親族他人に拘らない。

じいさま

  「あそこのじいさま昔ど怖かっただにい今あ丸いけど」 まずもって他人のおじいちゃんに向かって言う表現。多分に敬っている目上の印象を与える。逆に自分の身内に放つと他人行儀(ひな壇に置いたよう)な距離感という印象を与える。

じいちゃ(おじいちゃ)

  「今手え離せんでじいちゃに構って貰いな」 親しい距離という印象を与える。他人でも親しい間柄であれば使われる。

じいさ(おじいさ)

  「やあおじいさ、なにゆってるだあ」 他人に対して放つ表現。ボケかました相手とかにも使うので年齢に捉われない使い方をする。「お」をつければ多少は和らぐ。おばあちゃんが自分の連れ添いを指して言う場合もある。「ちゃ」と「さ」の違いは親密感が「ちゃ」の方が強い感じであろうか。

じじ

  「じじばばにゃこんくらいん丁度ええだあ」 個人を指すのではなく一般的にはという勢いでオタクだとかギャルだとかと同じような括った言い方。

おじじ・じい・じいちゃん(おじいちゃんは使うので別物)

  あまり普段使いでは聞かない印象がある。遠州ではそう使わないのかも。

例文

「おめえんとこのじいさまえらい羽振りんいいっつうじゃん。」

「孫にはの。うちのじいちゃ孫には甘すぎるだよ。『じいじ~』とか言って甘えりゃすぐ財布弛むでの。その分オレにくりょっつうだあなあ。」

「でもまあ最近のじじばばみんな元気だでなあ。もんりいしてくれるでその分助かるだらあ。」

  (でもあれだよ。最近のお年寄りは元気だからねえ。お守りしてくれる分助かってるんだろ。)

「まあの。でもくれ過ぎてわがままんならんか心配だよを。」

「大丈夫だよ。親に似るだで甘やかされんでも十分わがままになる素養はあるって。」

「おめえそれ喧嘩売ってるだ?」

「ホントのことじゃん。」

|
|

« 不毛地帯 その10 | トップページ | *寒いの種類 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46614408

この記事へのトラックバック一覧です: *おじいちゃんの呼び方の種類:

« 不毛地帯 その10 | トップページ | *寒いの種類 »