« *おとっさとおっとさ | トップページ | *やらしい »

*てめえ

一般的な共通語では「おまえ」を賤しめていう表現ということであろうが

遠州弁での使われ方にはそれとは別に例えば「てめえが」だと「自分が」という使い方をする場合がある。「手前」が訛ってかく相成ったかと推察するところである。まあそうはいっても「手前味噌」を「てめえ味噌」とは言わないので説得力はないが。

まあとにかく「おまえ」というニュアンスではなく「自分で」・「自力で」とかいったニュアンスが強いということで賤しめのニュアンスはないというところが共通語の「てめえ」とは異なるところであろうか。

多分に江戸っ子風味があるので遠州独特ということではなかろうがまだ生き残ってる地域でもあろうということで記載。基本男言葉であろうがごく稀に女性の使い手を見る事はある。そういう女性は年齢・血縁関係に関わらず「おっかさ」と呼ばれることが多い。

例文

「どうしようこれ。」

「甘えちゃかん。てめえでなんとかするだあれ。」

  (人に頼るなよ自力でなんとかするもんだ。)

|
|

« *おとっさとおっとさ | トップページ | *やらしい »

1-2・遠州弁て行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47001261

この記事へのトラックバック一覧です: *てめえ:

« *おとっさとおっとさ | トップページ | *やらしい »