« *きやせんとこやせん | トップページ | *とばさいてみる? »

東京DOGS その8

 取調べ室ってBOSSで天海さん方が使われてた部屋とよく似てたなあ。単にホントにある実際の取調べ室を再現したから同じに見えるのか経費節減で使いまわしとしたのか、それともBOSSの続編ありを見据えてセットを残してあったものを眠らせとくのもなんだから使っちゃおうなのか、このドラマお得意のギャグのひとつなのか。

いづれにせよああいった無機質な部屋はどうなんでしょうねえ。あまり好きな作りではないんであります。ああいう冷たい感じの方が吐き易いもんなんでしょうかねえ。かえって心が弛まず心の壁を厚くするような気がするんですけど。

で、神野。追い詰めそうでなかなかといった感じで。まあ後3話?残ってるから後2話くらいは出し惜しみとしゃれ込むんでありましょうや。でもなんかあのお声と後姿から拝察するに「仲○ト○ル」さんっぽく映りましたがやはり気のせいでせうか。

神野って幾つだ?という疑問がずうっとあったのですが、仲○さんが演じられる年齢ということならば、由岐(吉高さん)は渋い好みということで納得いきますですな。まあ外れたらただの世迷言ですけど。

 銃撃戦だと烏合の衆が現れるみたいですけど奏(小栗さん)は人数に合わせて行動を決定してる訳で、探索突入とかのシーンではサバイバルゲームやってるような感覚で観てるんで、そういう見方してるといつのまにか行動がフリーズ&フェードアウトしてしまう衆の存在というのはどうも緊張感が削がれたりなんかして。

ところで由岐の記憶って、神野が生きているとしたら実際に起こった事とどうも一致しない気がするんですけど一体どうやって帳尻合わせてくるんでせうか。

 謎の解明というよりも心の揺れを描いた回ともいえなくもない感じで以降は「信頼」・「友情」とかいったものが主題としてより鮮明になっていくんでせうか。

|
|

« *きやせんとこやせん | トップページ | *とばさいてみる? »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46964035

この記事へのトラックバック一覧です: 東京DOGS その8:

« *きやせんとこやせん | トップページ | *とばさいてみる? »