« *うそにきまってるじゃん | トップページ | *ふんと・ふんとに »

東京DOGS その10

 最終回。普通にもう一話あるのかと思ってたのに全10話。その分ジャンボ延長で穴埋めか?

いつもより格段に長い割には一気に終わってしまった感があって中身の濃い最終回でありました。見応えあったと書けば済むことですがそれじゃ味気ないので。とにかく面白かったです。

西岡先生(ともさかさん)のぼそぼそと話す声がとても印象に残るところですがお風邪で声が出ないとかじゃなかったらこういう話し方もアリだなと。声を張り上げ朗々と謳い上げるだけが役者さんの仕事ということもないのですから、聞き取れさえすればこういう話し方もいいなあとぞ思ひけり。

神野(仲村さん)逮捕後に奏(小栗さん)の笑顔が観れたんですが、最後まで笑わないという感じで通して欲しかったな。

 オーラスでの背負い投げが象徴的なように、シビアとコメディの両立と共にロマンスの要素も取り込んだという意欲的(観たことない)な作品でありましたが、初物ということもあるのでしょうか観方がこんがらがってしまうところもありまして。あまり複雑な鍋物は好きな方じゃないものでこういう色んな味がしみたのをどう味わっていいんだろうかという感じはありました。見慣れればより愉しめる可能性は感じるのですがこのドラマではちょっと追いつけれなかったです。

コメディを愉しみたい傾向が強かった私としては後半の回はそんな肩に力入れちゃうとギャグが鈍るのにという気分で観てました。奏以外はマイペースでギャグかましていたのになあというのはありますが奏がのってこないとやはり面白さが薄味に思えました。

その分神野が登場してピリッと締まって緊迫感が増しまして、若干違ったドラマにも見えたりなんかして。

別になんだかなあと言ってるつもりはなく、むしろ面白かっただけに欲が出るって感じでありまして、続編かなにかでより馴れてより楽しみたいものですな。

いつも陽気で飄々として大事を成すって作風は以前からよく観たイメージがあるのですが、やるときゃやるがそうでないときはボケまくるというのは新鮮でありまして、そういうの好きです。ただそのメリハリというか切り替えがちょっと追いつけなかったのかもしれません私。

 役者さんを愉しむということでは、小栗さん水嶋さんを観てるだけで満喫できました。特に水嶋さんはこういう役もきっちりこなすという幅の広さを知った訳でありまして。単なる「イケメン」とかいう種族なんかじゃない本格的な役者さんなんだと。当初無理にはしゃいでるんじゃないかと思って観ていたんですが後半奏がシビアになっていくにつれてマルオの変わらなさが救いみたいに感じて観てました。

この役の小栗さんは好きだな。朴念仁がやけに似合うのはなんででしょ。スーツ姿も格好良かったというのもあるのかな。

それにしてもひょうきんな仲間達でありました。大友(三浦さん)が存在していなかったら絶対コントだよなと思えるくらいで大友の重しが効いてたなあ。

|
|

« *うそにきまってるじゃん | トップページ | *ふんと・ふんとに »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47082338

この記事へのトラックバック一覧です: 東京DOGS その10:

« *うそにきまってるじゃん | トップページ | *ふんと・ふんとに »