« *あっかあ | トップページ | ギネ・産婦人科のおんなたち その6 »

*なんでえや

「なんか用?」・「何の用だ?」とか言っている。

パターンとしては人づてに用があることを聞きつけて言ってた本人にそれを問うような状況で使われることが多い。

「ねんでえやあ」とするとちょっと何言い出すのか心配してる勢いになる。

直に自分に用があるのかと判断して問うような場合には「なんでえ」と言う事が多い。

例文

「わしに用ってなんでえや。」

  (私に用があるって聞いたけどなんの用?)

「いやあ大層なこんじゃないだけどさあ。わりいだけどけったー貸してくれんかねえ。」

  (うん大した事じゃないんだけどさあ。悪いんだけど自転車貸してもらえないかなあ。)

「そりゃええけどわし通勤で使わすもんで長くは貸せんにい。」

  (別に構わないけど通勤で使うもんだから長い間は貸せれないけど。)

「ちょっと行って帰ってくるだけだでずうっとじゃないでえ。」

「ほんならええよ。貸しちゃるよ。」

|
|

« *あっかあ | トップページ | ギネ・産婦人科のおんなたち その6 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46791972

この記事へのトラックバック一覧です: *なんでえや:

« *あっかあ | トップページ | ギネ・産婦人科のおんなたち その6 »